お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » フィジー・ドルへの外貨両替

フィジー・ドルへの外貨両替

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

フィジードルへの両替などについて紹介します。リゾート地であるフィジーには、毎年たくさんの旅行者が訪れます。これからフィジー行きの計画を立てる際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フィジー・ドルについて

フィジー・ドルは1969年から発行されているフィジーの通貨です。1800年代にもフィジーはドルの時代があったのですが、一度イギリス領になったことから通貨がポンドに変わり、それがまたドルに戻った、という経緯があります。1ドル=100セントという貨幣は、アメリカのドルと変わりません。2019年3月29日時点でのレートは、1フィジー・ドル=52.05円となっています。

【フィジー・ドル紙幣の種類】
5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの5種類

フィジー・ドルの両替方法について

日本円をフィジー・ドルに替えるのであれば、他の外貨同様、基本的な方法は主に4つとなります。

  • 日本国内の銀行で両替する
  • 日本の国際空港の両替所で両替する
  • 現地の空港で両替する
  • 現地の銀行で両替する

この中で、最もレートが良いとされているのが、現地空港での両替となります。日本国内ではあまりフィジー・ドルが出回っていないため、銀行での換金には手間や時間がかかりかねない他、空港での両替もあまりレートが良くありません。

また、観光地であるフィジーでは、現地のホテルなどでも両替が可能なケースがあります。ただ、レートとしてはあまり良いものではないため、もしもの場合の手段として頭に入れておく、という程度でいいかもしれません。

日本でフィジー・ドルに両替するとしたら...

外貨に両替する方法としては、銀行・宅配・金券ショップがあります。ちなみに、宅配サービスを使用すれば手間をかけることなく両替をすることができます。

宅配サービスでは、インターネットから好きな時間に申し込みをすることができるうえに、銀行のように面倒な手続きが必要ありません。

また、金券ショップのように両替をするときに通貨の在庫を心配する必要もなありません。得意に日本であまり流通していない通貨の場合、在庫を気にしなくていいのはメリットです。

出発まで余裕があったら宅配を利用しよう!

どうしても前もってお金を入手しておきたいというときには、銀行や外貨両替専門店等の提供するサービス「外貨宅配」がおすすめです。これは指定の金額を入金すると、数日で外貨が宅配されてくるというもの。「外貨宅配」には、このようなメリットがあります。

  • わざわざ窓口に行かずとも、自宅や職場に届けてくれる
  • 配送料、代引き手数料などは条件によって無料になることもある
  • 紙幣の種類(高額、少額)を選択可能な場合が多い
  • 渡航前に空港で両替に時間を取られなくて済む

詳しくは、各業者や銀行などのサイトをチェックしてみてください。

外貨宅配業者には、以下のようなところがあります。

外貨宅配 円からフィジー・ドル 送料
GPA 62.81円 無料
トラベレックス 61.79円 1,000円(10万円以上の両替で送料無料)
JTB外貨両替 61.79円 1,000円(10万円以上の両替で送料無料)

※2021年8月15日時点

このように、外貨宅配サービスを行う会社には送料がかかる会社もあるので、無料か有料かをあらかじめ確認しておく必要があります。確認をしておけば、お得に両替をすることができます。

銀行

銀行でフィジー・ドルを扱っているところは日本国内ではほとんどありません。フィジー・ドルはかなり流通量が少なく需要も低いことから、両替に対応していない場合が多いのがネックです。ちなみに、空港や現地では両替をすることができるので安心してください。

金券ショップでフィジー・ドルに両替する

金券ショップでも残念ながらフィジー・ドルは扱われていません。やはり流通量の少なさと需要の低さから金券ショップでも両替には対応していないところがほとんど。

もし、両替が可能な金券ショップを見つけたとしても、在庫がなければ両替することはできません。主要な通貨であれば在庫が無くなることはほとんどありませんが、流通量が少ない通貨の場合には在庫がない場合もあります。通貨の在庫があるか確認するようにしてください。

また、金券ショップで受け取った通貨には偽物が混じっていることがあります。普段は海外の紙幣を見る機会がないので、偽物かどうかを受け取った時点で判別するのは難しいでしょう。世界的に見てマイナーな、フィジードルのような通貨の場合には偽物と気づくことは困難なので、しっかり信用できる金券ショップを利用するようにしましょう。

クレジットカードでのキャッシングを利用する

もし、急に現地で現金が必要になった場合、両替よりも、クレジットカードのキャッシングが便利なケースがあります。「VISA」や「Mastercard」などのカードを使えば、海外のATMでお金を引き出せます。もちろん金利はかかりますが、銀行などの手数料と比べると割安になるケースが多いようです。また、必要なときに必要なだけお金を引き出せるので、多額の現金を持ち歩く必要性がなくなり、便利です。

具体的な金利や損得などについては、前もってカード会社に相談してみるといいでしょう。

余った外貨の活用方法

海外に行ったことがある方であれば、現地で使い切れなかったお金の扱いに困ったことは、誰しも一度は経験されているかと思います。もう一度日本円に戻そうとしても、手数料はバカにならず、金額は相当目減りしてしまいます。

旅行などで行ったのであれば、旅の思い出に保管しておくというのもいいでしょうし、お土産として友人などに譲ると、喜ばれるかもしれません。

また、外貨の小銭はユニセフやNGOなどの団体に寄付できます。どうせ余らせてタンスの肥やしにするのであれば、世の中の役に立てるというのも、気分がいいものでしょう。具体的な寄付の方法などは各団体のサイトなどでチェックしてみてください。

海外で両替を行なうときは計画的に!

事前に日本で両替をする、現地で両替をする、カードで対応するなど、海外でお金をどう用意し、どう使うかは人それぞれです。ただ、いろいろな方法や知識を知っておくことは、決してマイナスにはなりません。

まずはご自身の行動や使える予算などを想定し、ある程度計画を立てておくと、お金が足りなくなったり、無駄に両替し過ぎてしまったり、といったことを防げます。外貨を両替するときは、うまく使い切れるよう、用途を明確にしておきましょう。

私たちが普段何気なく使っているお金ですが、国が変わり、貨幣が変わると少し勝手が変わります。両替に関する知識をもって、無駄の出ないようにしたいところですね。

海外に行くにはいろいろな準備が必要になりますが、意外に見落としがちなのが、貨幣の手配についてです。まずはこのページの情報をチェックして、事前準備に役立ててみてくださいね。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ