お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 海外旅行前の必読コラム

海外旅行前の必読コラム

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

いざ、初めての海外旅行!その前にチェックしておきたいお役立ち情報をまとめています。

海外旅行で最低限必要な物はコレ!

★パスポート ★ビザ(不要な国もあり)
★身分証明書 ★日本円・現地通貨・クレジットカード
★航空券 ★旅行保険証書
★重要書類の控え ★緊急連絡先メモ
★変圧器(変換プラグ) ★必要な市販薬

準備段階のチェックポイント

  1. 海外旅行保険には入っておく
  2. 空港で預けるキャリーバッグに貴重品は入れない
  3. パスポートや身分証明書などの重要書類は必ずコピーをとっておく
  4. 頭痛薬や風邪薬などを持って行く
  5. 旅行先で使える変圧器(変換プラグ)を持って行く
  6. チップとして渡せるよう現地通貨を用意しておく

1.海外旅行保険には入っておく

旅行先で病気になったりケガをしたりした場合、現地の医療制度に則って治療費が請求されます。病院での治療費・入院費にかぎらず、救急車の利用料金も請求する国があるため、最終的な請求額は何百万円とかかることも…。

ケガをしないように気をつけていても、予想外の事故に巻き込まれる可能性があります。万が一に備えて、海外旅行保険はぜひ加入しておきましょう。

2.空港で預けるキャリーバッグに貴重品は入れない

キャリーバッグの大きさによっては、空港で荷物として預けることもあるはず。一度でも自分の手から離れてしまう荷物の中には、貴重品を入れないでください。

現地に到着するまでは必ず手荷物として持って歩きましょう。

3.パスポートや身分証明書などの重要書類は必ずコピーをとっておく

旅行先でパスポートを紛失する・盗難に遭うというのは珍しい話ではありません。パスポートがなければ帰国できないため、万が一の際は現地の日本大使館で再発行してもらいます。

再発行の手続きの過程でパスポートの情報や身分証明書の確認が必要になるので、念のためコピーしてパスポートとは別で持っておくと安心です。

ただし、パスポートは簡単に発行できるものではなく、2週間ほどの時間がかかります。紛失・盗難には十分に気をつけましょう。

4.頭痛薬や風邪薬などを持って行く

現地でも薬は買えますが、言葉が分からない国で調達するのはやや不安です。服用するにしても、日本人向けにつくられた薬のほうが安心感があるでしょう。

頭痛薬・風邪薬・整腸剤などは、日本にいる間に準備しておいてください。

5.旅行先で使える変圧器(変換プラグ)を持って行く

電気を使う際のコンセントは、日本と海外で差すプラグの形状や電圧が違います。日本製の充電器を持って行く場合は、その国に適した変圧器(変換プラグ)が必要です。

6.交通費やチップ用に現地通貨を用意しておく

現地の空港に到着してからホテルまでの移動には、さっそくバス・タクシーなどの交通機関を利用する方がほとんどでしょう。その際に支払う小額紙幣をあらかじめ持っておけば、空港で両替に時間を費やすこともなく、スムーズに移動できます。

また、国によってはチップを渡さなければ失礼にあたることもあるので、チップ制度についてもチェックしておきましょう。

【海外旅行ニュース】気になる情報をピックアップ

2019年1月スタート!出国税ってなに?

日本の観光基盤を固めるべく採用された新しい税金です。出国税(国際観光旅客税)として、日本国外へ旅行する国民に対して1回あたり1,000円を徴収するというもの。2019年1月7日から適用されています。

2021年から導入される!?ETIASに迫る

ETIAS(エティアス)とはヨーロッパで2020年から適用される予定の制度です。日本から出る前に、オンラインで専用システムから渡航許可を得なければ入国できなくなります。

申請自体は数分ほどでできるようですが、時間がかかるケースや渡航拒否されるケースもあるそう。2021年以降にヨーロッパ旅行を予定している方は要チェックです。

飛行機への持ち込みに禁止・制限がある持ち物

国際線の飛行機には、持ち込みが禁止されている持ち物・機内に持ち込めるものであってもルールが設けられているものがあります。手荷物の検査や搭乗前に時間をロスしてしまわないよう、空港へ行く前にチェックしておきましょう。制限がかかっている物のそれぞれのルールについて解説します。

国際学生証(ISIC)・国際青年証(IYTC)について

学生優待価格でお得にサービスを受けられる国際学生証(ISIC)と、30歳以下なら世界中で割引・サービスなどが受けられる国際青年証(IYTC)。それぞれの取得方法と、パスポートで受けられるメリットについてご紹介します。

外貨両替ができるエリア&場所

外貨両替ができる場所には、両替所や銀行、空港をはじめ、郵便局、金券ショップ、コンビニなどさまざまあります。東京や大阪、愛知、神奈川など、国内で外貨両替が可能な主要エリアを9つご紹介します。

シェンゲンビザとは?

ヨーロッパの多くの国が加盟しているシェンゲン協定。シェンゲンビザがあれば、この協定を結んでいる各国間を自由に移動できます。シェンゲン協定に加盟している国や、ビザの申請方法、注意点などについて詳しく解説します。

免税制度とは?

現地の商品をお得に購入できる免税制度。国や地域によっては、免税価格で購入できるところも。免税店の表記や、免税を受けるための条件、免税を受けられる範囲と、気をつけるポイントなどについてまとめました。

正規割引航空券(PEX航空券)とは?

安く入手できる降雨空拳は「格安航空券」だけではありません。航空会社が提供している正規割引航空券(PEX航空券)は、規定の期日までに予約することで割安に入手できるもの。メリットや購入方法をチェックしてみましょう。

周遊航空券・オープンジョーとは?

往路と復路が異なる航空券を「オープンジョー」と呼びます。オープンジョーで旅行を楽しむ際は、移動日程に注意が必要。万が一のトラブルも考慮しながら渡航の日程をしっかり計画することが大切です。

入国時にビザが必要な国は?

海外旅行の際に必要になる入国許可証「ビザ(査証)」ですが、中にはビザが不要の国もあります。ビザが不要・必要な国や、ビザを取得する方法、電子ビザを取得する必要がある国などについて詳しくご紹介します。

ロストバゲージとは?

荷物の積み間違いや積み忘れなどによって、空港到着時に荷物を紛失してしまうロストバゲージ。ロストバゲージを防ぐための対策や、ロストバゲージが起こった場合の対処法を事前にチェックしておくことで、万が一のときも慌てずに済むようにしましょう。

パスポートを紛失した場合の手続き

自分を証明するために海外旅行になくてはならないパスポート。パスポートを紛失した場合でも所定の手続きを行うことで帰国することは可能です。国内で紛失した場合と海外で紛失した場合、それぞれの手続きについて詳しく解説します。

海外旅行保険の基本

治安の良い国へ旅行する場合でも、病気やケガなどのリスクに備え、保険に入っておくと万が一のときも安心です。海外旅行保険の基本的な補償内容や、保険の種類などについて事前にチェックして保険を備えておきましょう。

高額レートの海外ATMにご用心!

銀行なら安心と考える人は少なくはありませんが、海外の銀行ATMでは法外なレートを提示されることもあります。海外で両替をする場合は、ATMの表示に注意が必要です。海外ATMの特徴や注意点について確認しましょう。

国際運転免許証とは

渡航先で車の運転をするのであれば、国際免許を取得しなければなりません。国際免許には3つの種類がありますが、ジュネーブ条約の加盟国で運転する場合は、国外運転免許証が必要です。取得条件や必要書類について解説します。

現金の代わりになるトラベラーズチェックとは?

2000年代までは多くの海外旅行者に使われていたトラベラーズチェックですが、現代では使われている国も限られており、支払いの際に換金する手間がかかることの方が多い様子。手持ちのトラベラーズチェックがある場合は、早めに換金することをおすすめします。

「トランジット」と「トランスファー」の違いって?

飛行機で旅行する際に耳にする「トランジット」と「トランスファー」。混同されがちな用語ですが、それぞれ全く別の意味で使われています。長時間のフライトをする場合は、トランジット、トランスファーの意味や流れ、注意点などをチェックしておきましょう。

海外旅行に現金は必要?いくら持っていけば良いの?

旅行する国や地域によっても変わりますが、先進国のキャッシュレス化によって、海外旅行の際に持ち歩く現金の額は少なくなっています。とはいえチップ代など、現金で支払う場面も少なくありません。最低限必要な現金や保管方法について解説します。

海外旅行にパスポートのコピーが必要な理由

日本のパスポートはスリなどのターゲットにされやすく、海外旅行先では防犯対策が欠かせません。渡航前にパスポートのコピーを取っておけば、現地で身分証明が必要な際に使用できる場合も。原本をより安全に保管するためにも、おすすめの方法です。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ