お得に外貨両替を済ませるには?

HOME » 初心者でもわかる外貨両替とは » 外貨両替の手数料はどのくらい?

外貨両替の手数料はどのくらい?

外貨両替には、必ず手数料がかかります。空港や銀行、チケットショップなど、お店によって手数料はさまざまです。例えば空港などの両替所には、数名のスタッフが常駐しているわけですから、場所代や人件費が必要。スムーズなサービスを得るために、致し方のない出費なのかもしれません。

海外の街には「NO COMMISION(手数料無料)」を大きく掲げている両替所も存在していますが、特にアジアなどの場合「小額紙幣を紛れ込ませる、偽造紙幣を掴まされる」などの不正が行われる可能性があります。安易に利用しない方が無難でしょう。

とは言え、日本円が弱い時にレートで損をし、さらに手数料まで取られてしまうと、若干割り切れない思いが残るかもしれません。特にバックパッカーとして「できるだけ安く海外旅行を楽しみたい」という人にとっては大問題ですね。そもそも外貨両替の手数料とは、どのように計上されるものなのでしょうか。

従価方式

両替金額の何%というかたちで徴収されます。両替金額が大きくなればなるほど、手数料が高くなっていきますので、注意が必要。小額の両替の際には、有利な方式と言えるでしょう。

従量方式

「1回の両替につきいくら」と決まった定額制の方式です。その額はさまざまですが、両替金額が大きい場合、こちらの方式を採用している場所の方が、利用メリットは大きくなります。

手数料で必要以上に損をしないために

両替の際、手数料で損をしないためには、上記の方式の差を理解し「両替金額の大小によって、使い分ける」ことを覚えると良いかもしれません。

また国内の機関に限って言えば、外貨両替手数料が最も高いのは、銀行。以降郵便局→空港内の両替所と続きます。銀行を利用することで多くの手数料を取られてしまうようなら(金額によっては、1回の両替で500円以上の差が出る場合も有)、出発前に時間を作って空港内の両替所を利用する方が、まだ良いかもしれません。

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ