お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 初心者でもわかる外貨両替とは » 旅行後に外資が余った!金額別の取扱方法を解説

旅行後に外資が余った!金額別の取扱方法を解説

ドル紙幣

海外旅行に行った際、手元に外資が残ってしまうことがあると思いますが、どうされているでしょうか?

ここでは、旅行後に余った外資の取扱方法の例をご紹介します。

まとまった金額の外資の取り扱い方法2つ

ある程度まとまった金額が残ってしまった場合は、その外資を使う予定がしばらくないのに、記念として残しておくだけというのはもったいないことです。日本円に戻すのがおすすめです。

1.手っ取り早く銀行や空港で日本円に両替する

一番手っ取り早いのは、手元に残す前に日本円に両替してしまうことです。後日銀行に行って両替してもいいですし、帰り際に空港のロビーでも両替できます。

2.外貨両替機で日本円に両替する

場所は限られますが、外貨両替機で両替することもできます。

外資両替店の外資両替機は、空港はもちろんのこと、有名デパートや駅などに設置されています。取り扱いのある通貨は、その両替機によって違いがありますが、およそ以下の通り。

  • アメリカドル
  • ユーロ
  • イギリスポンド
  • 中国元
  • 韓国ウォン
  • オーストラリアドル
  • 台湾ドル
  • 香港ドル

円から外資、外資から円への両替が可能です。

少額の外資の取り扱い方法5つ

紙幣が多少、あるいは硬貨ばかりが余ってしまったという場合は、わざわざ両替するのも面倒だと感じるでしょう。この場合、以下のような取扱方法があります。

1.保管しておき、次回の海外旅行に使う

ドルやユーロなどメジャーな通貨なら保管しておけば、次回の海外旅行で再び使用できる可能性が高いです。自分で使うだけではなく、家族などが海外旅行に行く際にシェアするのもあり。

2.現地の空港でお土産を購入する

海外旅行では多少余分にお土産を購入するのがおすすめ。買い忘れてしまった場合は、フォローが難しいからです。お菓子や名産品など、荷物にならない簡単なものを余ったお金で買っておくと後で重宝することがあります。

3.電子マネーに交換する

羽田空港国際ターミナルを利用されるなら、楽天EdyやAmazonギフト券などの電子マネーに交換できるポケットチェンジがあります。

電子マネーだけではなく、各種ギフト券、クーポンなど種類豊富。その中から最も利用しやすいものを選べますので、無駄なく便利に活用できます。

4.ユニセフに募金する

国内の主要な空港や三井住友銀行やJTBグループなどには、ユニセフの外国コイン用の募金箱が設置されています。どの国も空港のロビーは少額コインを手元に余らせてしまった外国人を目当てに募金箱がたくさん置いてあるのは結構あることです。

5.子ども用のお土産にする

少額のコインなどなら、お土産として子どもに喜ばれるかも?!お土産のお金の節約というセコさ 笑

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ