お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » 韓国ウォンへの外貨両替 » 韓国旅行の現金事情

韓国旅行の現金事情

このページでは、韓国旅行を楽しみたい方向けに、韓国の通貨・ウォンへの両替えの話や、韓国の物価事情、日本との比較、チップ制度、現金トラブルへの対策などについて紹介しています。ぜひ最後までお読みになり、韓国旅行を楽しんでくださいね。

韓国の紙幣はウォン

韓国の法定通貨は「ウォン」です。紙幣の種類は4種類あり、1000ウォン、5000ウォン、1万ウォン、5万ウォンがあります。韓国旅行をするときは、日本円をこのウォンに両替することになります。

どこで両替するかについては、2通りの方法があります。

1つは、現地・韓国で両替を行う方法。実は両替する際の交換レートは現地で行う方がお得になると言われており、経済的利益を優先させたい人の中には、現地で両替する人も少なくありません。

もう一つの両替方法は、日本国内で行う方法です。この場合は、銀行、外貨両替専門店、金券ショップなどで行うことになるでしょう。

このうち、安定した通貨供給と信用性の点では銀行が一番です。金券ショップはお得なコストで両替できる可能性がありますが、偽札が混じる危険性もあるなど、安全性の問題が残ります。

店舗へ足を運ぶ時間がないという方におすすめのサービス・外貨両替宅配というものもあります。会社によっては各国の銀行から直接紙幣を取り寄せているところもあり、信用度が銀行と同様のところもあります。

2週間ほど前から事前に両替をしておく必要はありますが、「韓国に着いたら、お金のことはいったん忘れて楽しみたい!」そんな方におすすめのサービスです。

韓国旅行の両替指南書

スムーズな韓国旅行は、現金とクレジットカードの使い分けがポイント!

韓国旅行における決済の仕方は、現金とクレジットカードの併用がベストです。

韓国はキャッシュレス化が進んでいる国の一つであり、ホテル、ショッピング、レストランなどさまざまな店や施設でクレジットカード決済に対応しています。

クレカのメリットは、必要以上の現金を持ち歩かなくて済むことや、決済を手軽にできること、緊急時にキャッシング機能を使って現金を調達できること、海外旅行傷害保険など付帯サービスを使えることです。

一方、クレジットカードだけで事足りるかというと、そういうわけにもいきません。韓国はキャッシュレス決済の比率が高いとはいえ、まだまだカード決済に対応していない小規模な飲食店や商店、屋台などがあり、現金での決済が必要になる場面は必ず訪れるからです。

従って、韓国旅行するときは、現金とクレジットカードの両方を活用しましょう。現金とカードのトラブル事例や対策については後述しますので、そちらもチェック願います。

食費・交通費・宿泊費まとめ

韓国旅行を楽しむためには、諸々の滞在費をしっかり頭に入れて計算しておかなければなりません。旅行の滞在費といえば、食費・交通費・宿泊費です。ここではその3項目について、韓国の事情にフォーカスして紹介します。

食費

焼肉、ビビンバ、プルコギなど、韓国ならではのグルメや食材は豊富にあります。韓国旅行ではぜひこれらを堪能してお腹も気持ちも満たしたいところですが、肝心の食費はどれぐらいかかるのでしょうか?

結論からいいますと、韓国の外食費用は日本と比べてとても安く済みます。高級レストランや外資系のチェーン店は別ですが、それ以外だと、屋台、ローカル食堂、定食屋、カジュアルなレストランに至るまで、どこで食事をとっても比較的リーズナブルなお値段で韓国料理を堪能できるでしょう。

予算は店の種類や地域によって異なりますが、屋台やローカル食堂ではランチだけで3,000ウォン(約300円)程度、大衆食堂や定食屋のディナーでは、遠慮なく注文しても1人5,000ウォン(約500円)程度、定食屋よりは格上のカジュアルレストランでも7000~8000ウォン(約700~800円)から1万5,000ウォン(約1,500円)程度です。

高級レストランだとさすがに値が張るようになり、プルコギやビビンバを単品で注文して1万~3万ウォン(約1,000~3,000円)、定食は5万ウォン(約5,000円)ほどかかります。

日本と同様にチップが不要なことを加味すれば、韓国旅行での食費は相当に抑えられることが分かるでしょう。

交通費

韓国を旅行するメリットの一つは、現地交通費が日本に比べて非常に安いことです。タクシー、地下鉄、バスが主な交通手段になりますが、料金は軒並み日本より安くなります。しかも、交通網が幅広く整備されていて移動がしやすいことも魅力でしょう。

ここでは交通手段ごとに費用相場とチェックポイントを紹介しています。

タクシー

タクシーは日本と同様に韓国でも主な交通手段として普及していますが、料金は日本と比べてかなり割安です。初乗り(基本料金)で3,800ウォン(約380円)、その後の追加料金は、距離料金が100ウォン(約10円)/132m、時間料金が100ウォン(約10円)/31秒となっています。

目的地への到達時間は交通状況にもよりますが、料金は掛け値なしに安いと断言することができ、交通費の節約にもかなり貢献してくれるでしょう。

地下鉄

韓国旅行では地下鉄もタクシーに負けず劣らず、積極的に利用したい交通手段です。なぜなら、韓国一の人気スポットといっても過言ではない「明洞エリア」周辺の道路は混雑することが多いからです。そのような場合に煩わしさを回避してスムーズに移動したいなら、地下鉄が一番でしょう。

相場は一般料金で1,350ウォン(約135円)/10km以内となっており、日本円で200円程度出せば相当遠くまで移動できるので、地下鉄の交通費もさほど気にする必要はないでしょう。

なお、韓国には日本のSUICAに似た交通系ICカード「T-money」があり、これを利用すれば金額はさらに割安になり、10km以内を1,250ウォン(約125円)で移動することができます。

バス

韓国のバスは、市バスに限って言うと、表記が全て韓国語になっている点が旅行者にとってハードルになりますが、韓国語が分かる人にとっては逆に便利な交通手段となります。

料金相場は、市バスの基本料金が1,300ウォン(約130円)/10km以内、交通系ICカード「T-money」の利用で1,250ウォン(約125円)となります。

ソウル⇔空港を往来するリムジンバスの運賃は、おおよそ10,000~15,000ウォン(約1,000~1,500円)が目安です。

宿泊費

韓国旅行でかかる宿泊費は、宿泊施設の種類やグレードによって差が出てきます。ここでは韓国で利用できる宿泊施設の種類ごとの相場と特徴を紹介しますので、チェックしてみてください。

中級ホテル

韓国の中級ホテルは日本のビジネスホテルに相当します。価格帯や設備の充実度も同程度ですが、韓国の場合は、部屋が広めのホテルが多いのが特徴です。上級、高級に及ばないとはいえ、十分に快適な時間が過ごせるでしょう。

中級ホテルの料金相場は、1泊60,000~120,000ウォン(約6,000~12,000円)程度。

上級ホテル

中級ホテルよりさらに格上なのが上級ホテルです。付帯設備の充実が目ざましく、文字通り上級のサービスが受けられます。日本語に対応できるホテルは決して多くありませんが、英語は問題なく通用します。

上級ホテルの料金相場は、1泊120,000ウォン~250,000ウォン(約12,000~25,000円)程度。

高級ホテル

サービスや設備の充実は言うに及ばず、都会にありながら喧騒と無縁の贅沢空間が味わえる宿泊施設といえば、高級ホテルです。このクラスになるとどこのホテルを選んでも不足がなく、十分過ぎるほどの快適で特別な時間を過ごすことができます。

高級ホテルの料金相場は、1泊250,000ウォン(約25,000円)~。

韓国の物価事情

韓国は交通費や外食費が安いので、物価全体が安いと考えがちですが、実態はその真逆の状況にあります。以前は日本より物価が安かった韓国では、最近は物価が全体的に上昇しており、ブランド品をはじめ、日用品、衛生用品、コンビニの商品などが以前より高くなっています。

もちろん、物価について韓国を一括りにして考えることはできず、地域差があることにも留意しなければなりません。韓国で最も物価が高いといわれているのは、やはり韓国の中心都市である「ソウル」です。次いで物価が高いのは、諸説ありますが、リゾート地の「済州島」(チェジュ)もソウルと変わらないと言われています。

逆にソウルに比べて物価が安いと言われる地域は、「釜山」と「大邱」です。いずれも人気観光都市ですが、百貨店や高級ホテルはともかく、市場での買い物や食堂で食事を取る場合は、ソウルに比べて物価の安さを実感できるようです。

【ウォンの大体の目安】
100ウォン=約10円  1,000ウォン=約100円  10,000ウォン=約1,000円
50,000ウォン=約5000円   100,000ウォン=約10,000円

韓国と日本の物価比較

韓国の物価は以前はより安かったのですが、現在は多くの品目で日本と同程度、もしくは若干安い程度です。従って韓国旅行を行うときは、日本で買い物をするような感覚を持ち、それに見合った金額を準備して出かけたほうがいいでしょう。

一方、韓国と日本の物価比較では、日本より韓国の方が安いものと、日本より韓国の方が高いものがあります。後述する比較をチェックして、参考にしてみてください。

以下は、韓国のコーラ・たばこ・ビールの相場を日本円換算したものです

コーラのイラスト

【コーラ】1,500ウォン
日本円で150程度

たばこのイラスト

【たばこ】4,200ウォン
日本円で420円程度

ビールのイラスト

【ビール】2,000~3,000ウォン
日本円で200~300円程度

韓国の方が日本より高いもの

日本より韓国の方が高い商品は以下の通りです。

  • トイレットペーパー
  • コーヒー
  • ビッグマック
  • ガソリン

多彩な品目の中で、最も韓国の値段の高さが際立つのがトイレットペーパーです。日本では12ロール入りのトイレットペーパーが400円程度で購入できますが、韓国では10,000ウォン(約1,000円)します。

そしてコーヒーの値段が高めなのも韓国の特徴です。スターバックスコーヒーに至っては、日本の1.4倍、アメリカの2倍すると言われています。

ビッグマックも韓国ではやや高めです。値段は4,200ウォン(約420円)となります。食費が安いはずの韓国でビッグマックが高いのは、本国生産ではなく輸入食材だからです。

ガソリンは日本では1ℓ140円、韓国では200円になります。この開きは、両国のガソリン税の違いで説明できます。日本のガソリン税は40%ですが、韓国は57%の税率です。

韓国の方が日本より安いもの

日本より韓国の方が安い商品は以下の通りです。

  • 食費全般
  • 缶ビール
  • コスメ
  • 衣料品

高級レストランや輸入食材は別にして、韓国の食費は全般的に日本より安いです。既述にもありますが、地元の大衆食堂や屋台は特に安い傾向にあり、ランチは3,000ウォン(約300円)もあれば十分な量を食べられます。

缶ビールも韓国は日本より安いです。例えば200mlサイズでリサーチしてみると、韓国ではスーパーなどで1,200ウォン(約120円)程度で購入できます。

衣料品も同様で、韓国ではシャツ、スカート、ズボン、靴、バッグなどファッションアイテムに至るまで、日本と変わらないクオリティを保ちながら安く購入できます。

韓国のチップ制度

海外旅行では当たり前、特に欧米旅行では常識といっても過言ではないチップ制度ですが、韓国旅行では基本的に不要です。なぜなら、日本と同じで韓国ではチップの習慣がないことに加え、チップの目的であるサービス料が、最初から料金に含まれているからです。従って、一度料金を支払った後で、わざわざチップを渡す必要がないのです。

ただし一部、高級ホテルやタクシーでたくさんの荷物を運んでもらった際は、オプション料金が発生したと考えて、一定程度(1,000ウォンほど)のチップを渡すことができるでしょう。

韓国の税金

韓国には日本の消費税と同等の付加価値税(VAT)があり、全ての商品の購入に対して10%の税率が課されますが、外国人旅行者の場合、いわゆる免税店で1件につき3万ウォン以上の買い物をし、なおかつ還付手続きを行えば、付加価値税の最大9%が還付されます。従って、韓国旅行をするときは、VATの仕組みと還付を受けるための方法を確認しておきましょう。

VATの還付を受ける方法は、免税店における清算の際、「リファンド・チェック」と呼ばれるレシートのような用紙をもらい、氏名や住所など必要事項を記入の上、空港のタックスリファン機にスキャンさせて手続きすることです。

韓国での現金トラブル

韓国は諸外国の中で最も近くて親しい国であり、通常であれば何の問題もなく旅行ができますが、現金トラブルには注意が必要です。例えば、円からウォンへの両替を「どこで」行うか?という問題があります。

最も安全なのは日本国内の両替所で行うことですが、様々な事情から現地で行う人もいるでしょう。その際には、両替所の選び方に気を付けなければなりません。なぜなら、安全性の低い両替所を利用した場合、レート以上のお金を取られたり、適正相場以上の換金手数料を要求される可能性もあるからです。

このような現金トラブルに遭わないようにするには、安全性の高い両替所を事前に調べておくこと、問い合わせを行い、ちゃんとコミュニケーションの取れる両替所を利用すること、そして、レートだけでなく換金手数料についても確認しておくなどの対策が必要になります。

現地で困った時は「在大韓民国日本国大使館」を頼る

両替や物価事情、現金トラブルなど、韓国旅行する際のポイントや注意点を紹介してきましたが、海外旅行では、当事者だけで解決できない問題が発生することもあります。そのように本当に困ったときには一人で悩まず、現地の大使館を頼りましょう。韓国には「在大韓民国日本大使館」があります。

在大韓民国日本国大使館の基本情報

  • 開館時間…9:30~17:00(窓口業務時間)
  • 電話番号…02-2170-5200
  • 24時間緊急電話…不明
場所 ソウル特別市鍾路区栗谷路6 ツインツリータワーA棟
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ