お得に外貨両替を済ませるには?

HOME » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » 韓国ウォンへの外貨両替

韓国ウォンへの外貨両替

このページでは、ウォンとそのお得な外貨両替法について調べています。

韓国ウォンとそのお得な外貨両替法

日本から最も近い外国といえば、韓国。時差も全くなく、飛行機なら2~3時間で到着してしまう気楽さが人気で、日本人の海外渡航先としてはベスト3に入る人気ぶりです。

そんな韓国の通貨は「ウォン」。日本円と10対1の為替レートを保っているため「1000ウォンなら100円」など、換算が楽な通貨となっています。とは言え「韓国の物価が安い」という意味ではありません。近年は国民から物価高を憂う声も挙がるほどで、さまざまな相場は日本とほぼ変わらないと考えて、間違いないでしょう。

【ウォン紙幣の種類】
1000ウォン、5000ウォン、1万ウォン、5万ウォンの4種類

両替の際に留意したいポイント

両替の際に知っておきたいポイントです。当然のことですが「円」を最も必要としている国は、日本。ですからユーロやアメリカドルなどのメジャーな通貨は、現地よりできるだけ日本で両替しておいた方が、好レートで取引ができます。

「ウォン」は通貨として「円」よりマイナーと言えますので、現地で両替した方が良いようです。渡航直前の両替を考えているなら、必要最小限の数千円程度にとどめ、残りは到着後に現地空港や市内の公認両替所を利用すると良いかもしれません。

とは言え近年は韓国資本のSBJ銀行や外換銀行なども日本に進出しており、現地と遜色ないレートでの両替も可能となっているようです。

両替スポットのレートを比較

ウォン両替はどこで行うのが一番お得か?気になるところです。以下に韓国旅行情報サイト・コネストが実施した調査の結果をダイジェスト紹介しましょう。

  1. 市内の公認両替所
  2. ウリ銀行のソウル駅両替センター
  3. 現地の新韓銀行支店
  4. SBJ銀行の東京支店
  5. 現地空港にある現地銀行の両替所
  6. 日本国内銀行の窓口

市内の公認両替所と日本国内銀行の窓口では、100円あたりで158ウォンものレート差があった模様。つまり1万円両替した場合、1万5800ウォン(1580円程度)の差が生じるというわけです。これは大問題ですね。

額が大きくなればなるほど、差額も大きくなりますので、やはりウォンは現地で両替すべきなのかもしれません。とは言えSBJ銀行が比較的健闘しているのは、充分注目に値します。

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ