お得に外貨両替を済ませるには?

HOME » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » 台湾ドルへの外貨両替

台湾ドルへの外貨両替

このページでは、台湾ドルとそのお得な両替法について調べています。

台湾ドルとそのお得な両替法

時差は1時間程度。飛行機なら3~4時間で到着してしまう近さで、日本人の海外渡航先としてはベスト5に入る人気ぶりの台湾。その通貨は「台湾ドル」です。

ドルという名称ですが、実際の紙幣に印刷されている単位は「元」。NTD(New Taiwan Dollar)の表記をチェックするのは両替所のみです。感覚的には「台湾元」が最もしっくりくるでしょう。

近年は1台湾ドル=2.5~4円を行き来していますが、物価はそれほど安いというわけではありません。ただし、文化の違いから食費や電車などの運賃が日本よりも安く抑えられるので、旅行の際は金銭メリットを感じやすい国です。

【台湾ドル紙幣の種類】
100元、200元、500元、1000元、2000元の5種類

両替の際に留意したいポイント

台湾ドルに限らず、両替の際に気になるのはレートです。大切な旅行資金ですから「できるだけ好条件で…」と考えるのは当然でしょう。

メジャーな通貨は日本で、マイナーな通貨は現地で両替!

両替の際に知っておきたいポイントです。当然のことですが「円」を最も必要としている国は、日本。ですからユーロやアメリカドルなどのメジャーな通貨は、現地よりできるだけ日本で両替しておいた方が、好レートで取引ができます。

「台湾ドル」は通貨として「円」よりマイナーと言えますので、現地で両替した方が良いようです。渡航直前の両替を考えているなら、必要最小限の数千円程度にとどめ、残りは到着後に現地空港や市内の両替所を利用すると良いかもしれません。近年は実際にどのぐらいの差があるか、一例を見てみましょう。

1万円を台湾ドルに両替した場合  
日本の空港 約2235台湾ドル
台湾の空港 約2385台湾ドル
差額 約150台湾ドル

1台湾ドルを3円として計算すると、450円程度の差が出てきます。全体で10万円両替するとしたら、5000円近くの差が出るということになりますね。やはり台湾ドルは、現地で両替すべきなのかもしれません。また台湾愛好家からの口コミやブログなどを見ると、好レートの順位は以下のようになっていると考えられそうです。

  1. 現地の銀行
  2. 現地空港の銀行
  3. 現地のデパート、ホテル
  4. 日本の空港両替
外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ