お得に外貨両替を済ませるには?

ユーロへの外貨両替

このページでは、ユーロ通貨とそのお得な両替法について調べています。

ユーロとそのお得な両替法

およそ50ヵ国が存在するヨーロッパの内紛をなくし、各国間の経済取引などを円滑にするため、2002年から通貨として流通し始めた「ユーロ」。とは言え欧州連合に加盟している国は27ヶ国、その中でもユーロを通貨としているのは20ヶ国未満となっています。

イギリスの離脱で「EU崩壊」なども囁かれていますが、それでも海外旅行先として人気のイタリア、フランス、ドイツ、そしてスペインなどでは、依然ユーロが通貨として流通しています。

一度ヨーロッパに入ったら、電車で出入国できる距離の国同士も多いため、長期間の欧州渡行を計画している人にとっては便利。国を移動するたびに、何度も両替しなくてはならない面倒が省略できます。

現在のユーロ人口は3億人超と、アメリカドルに勝るとも劣らない勢力を誇っていますよ。

【ユーロ紙幣の種類】
5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、
100ユーロ、200ユーロ、500ユーロの7種類

両替の際に留意したいポイント

ユーロに限らず、両替の際に気になるのはレートです。大切な旅行資金ですから「できるだけ好条件で…」と考えるのは当然でしょう。

ユーロは日本で両替するのがお得!

ユーロと日本円だと価値はほぼ同じといっていいですが、やはり「円」がメジャーなのは日本です。そのため、EU諸国内では円からユーロに変更するときはどうしても「円」の力が弱まってしまい、多少手数料やレートで損をしてしまう可能性が高いです。ユーロの両替はできるだけ国内で行っていくことをおすすめします。

【国内】ユーロを両替できるところ

銀行

銀行でのユーロ両替レートを6行比較紹介しています。レートは以下の通りです。

銀行 円からユーロ
三菱東京UFJ銀行 136.27円
三井住友銀行 131.34円
りそな銀行 133.83円
みずほ銀行 133.77円
SBJ銀行 133.76円
ゆうちょ銀行 136.33円

※2017年10月17日時点

ユーロの場合もドルと同じで銀行の為替レートは、どこもほぼ横並びの状態です。金融機関同士でインターバンク市場のレートを参考に為替レートを決定し、営業日の午前中に公示します。そのため、大きく銀行によってレートが変わることはあまりないです。

銀行を利用する場合は、自分の口座がある銀行を利用するとスムーズです。

金券ショップ

金券ショップでのユーロ両替レートを3社比較紹介しています。レートは以下の通りです。

店舗名 円からユーロ
大黒屋 136.26円
J・マーケット 136.07円
Tickety 135.76円

※2017年10月17日時点

金券ショップの為替レートも、ほぼ横並びのレートです。15時以降も利用できるのが便利。店舗ごとにレートが違い、時期によってキャンペーンを行っていることもあるので、金券ショップごとのレートを確認してから両替するほうが良いでしょう。

また、為替レートの更新の時間がが各社で違うこともあるため、その日の変動でお得な金券ショップが変わりやすいことも特徴です。

金券ショップは都市部に集中していることが多いので、お近くに両替できる金券ショップがない場合は交通費や所要時間とも天秤にかけた方がいいです。

外貨宅配

外貨宅配サービスでのユーロ両替レートを4社比較紹介しています。レートは以下の通りです。宅配なので送料をあわせた金額で考えましょう。

外貨宅配 円からユーロ 送料
GPA 135.80円 無料
トラベレックス 136.11円 1,000円(10万円以上の両替で送料無料)
JTB外貨両替 136.30円 無料
外貨両替ドルユーロ 134.75円 400円(10万円以上の両替で送料無料)

※2017年10月18日時点

外貨宅配サービスは自宅や通勤時に簡単にスマホで手配することができます。最大2週間ほど手元に届くまで時間がかかるのがデメリットではありますが、出発までに余裕のある方は所要時間や交通費をあわせて考えると銀行や金券ショップと比較すると一番コスパが良い方法です。

会社によって優遇レートを一時的にキャンペーンとして付けていることもあるので、チェックしてみるといいでしょう。また、送料がかかる会社があるので、レートだけでなく送料をいれた合計金額で考えるとお得に両替できますよ♪

ユーロを導入している国

フランス/ドイツ/イタリア/スペイン/ベルギー/オランダ/アイルランド/ポルトガル/ルクセンブルク/オーストリア/スロバキア/フィンランド/ギリシャ/マルタ/キプロス/スロベニア/エストニア/ラトビア/リトアニア/ポルトガル

EU 国別現金事情

ユーロを導入しているといっても、物価や税金など国ごとに特徴があります。それぞれ現金事情や日本との物価の違いをまとめています。余裕がある方は、これから旅される国の現金事情もチェックしておきましょう!

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ