お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » アメリカドルへの外貨両替 » アメリカのチップ制度

アメリカのチップ制度

コインの画像

アメリカ旅行に行く場合、日本人が一番戸惑うのがチップの支払いです。日本にはチップという文化がないのでいくら払えばいいのか、誰に払えばいいのか、また渡すタイミングなど理解しにくい部分が多いです。

設定料金の他に毎回チップを払わなければいけないのは損をしている気分になりますが、アメリカではレストランやホテルはチップ代を引いた料金設定になっているので、チップを払わないというのは失礼に当たります。

まずは、アメリカでのチップの定義から

アメリカの「チップ」と日本の「こころづけ」は同じようなものとして説明されがちですが、チップのとらえ方はアメリカと日本では違うものとして考えないと、思わぬトラブルになってしまいます。

日本のこころづけは「任意」で、感謝の気持ちを示すものなので必ず渡さなければならないということはありません。しかし、アメリカの場合チップの支払いは「常識」であり「義務」だと思っている人さえいます。そのため多少の不満があっても常識の範囲内のチップを払う人は多いのです。

こうした背景には、チップは労働賃金の一部として受け取るのは当然の権利だと考えられている事情もあります。一方、「チップは余分な出費」、「サービスに不満がある場合は払わなくてもよい」という誤った考えを持つ日本人もまだいるようです。もしサービスに不満があるときは、マネージャーに苦情を伝えるようにしてください。

チップの捉え方

アメリカではチップは労働賃金の一部であり、始めからチップを前提に給料が決められているところすらあります。

また、一か月に20ドル以上のチップ収入があった場合には報告義務が発生し、個人確定申告により課税の対象にもなるのです。アメリカ社会にこのチップの習慣が深く根付いている以上、もはや観光客だからといってこれを避けることができないのも事実で、よほどの理由がない限りまったく渡さないというわけにはいきません。

チップは任意と主張したところで、渡さなければ口論になり、トラブルに発展してしまう可能性もあります。不必要なトラブルを避けるためにも、この習慣に理解を示すしかありません。

【シーン別】チップ

いざというとき戸惑わないようにチップの払い方を紹介していきましょう。

食事に払うチップ

レストランでは税抜きの食事総額の15%~20%を払うのがルールです。スタッフに手渡しするか、テーブルに現金を置いて帰りましょう。カード払いの場合は伝票の店控えにチップの額を書き込んで払うのがスマートです。

また高級レストランだとコートを預かってくれるスタッフがいるのでその人にも1ドル~2ドルのチップを渡します。高級レストランではなく、リーズナブルなレストランやカフェの場合は総額の10%で大丈夫です。

ハンバーガーやケバブ、屋台などのファストフードの場合はチップを払う必要はありません。

宿泊施設に払うチップ

ホテルに宿泊する際は部屋の掃除やベッドメイキングをしてくれるスタッフさんにチップを渡します。鞄を運んでくれるベルボーイや、タクシーを呼びホテルから送り出してくれるドアマンがいる場合はそれぞれに払いましょう。

払う額は1ドル~5ドルと幅がありますが、ホテルのランクや部屋のグレードで決めましょう。

交通機関に払うチップ

地下鉄やバスを利用する場合はチップを払う必要はありません。しかし、タクシーを利用する場合は運転手にチップを払います。大体総額の15%~20%がタクシーに払うチップの相場です。

渡すタイミングはタクシーから降りるときが良いでしょう。

途中お店に寄って貰ったり、大きな荷物をトランクに入れて貰った場合は少し多めに渡します。

ガイドに払うチップ

アメリカには本当にたくさんの観光スポットがあります。ニューヨークやワシントンといった大都市もあれば、イエローストーンやグランドキャニオンといった世界遺産や国立公園も多く、世界中から人々が訪れる人気の観光スポットになっています。

そういった観光地には、ガイドに案内してもらうツアーのようなパッケージが販売されていたり個人でガイドをやっていたりする人がいます。見るだけでなく、「知る」体験もあわせて経験したい人にはガイドを頼むのがおすすめです。

ただ、そのガイドさんにもチップを支払う必要があります。目的地までの車の手配や運転、見どころの紹介まで、ドライバー兼ガイドをお願いする場合は、ツアーガイドさんへのチップは料金の10パーセント、もしくは10~15ドルが相場の目安です。

カジノディーラーに払うチップ

カジノでディーラーにチップを払う場合は、現金ではなく賭けで使うチップかコインで支払って下さい。これは、どこのカジノでも現金の手渡しが禁止されていているためです。

カジノディーラーにチップを払う方法は、大きく分けて2通りの方法があります。

ひとつはごく普通に渡したい金額を直接渡す方式、そしてもうひとつはいかにもカジノな世界なのですが、渡したいチップの半額をかけて勝った分をすべてあげるとういうギャンブル感満載の方式です。その場合、通常の賭金と区別するために、チップ分の賭金はディーラー側にずらして置くようにします。

しかし、渡したチップの全額がそのディーラー個人に直接入るわけではなく、不公平が生じないよう労働時間に応じて比例配分されるようになっているので、その人に上げたいと心から思って多めに渡しても必ずしもその人の懐に入るとは限らないので注意を。

また、カジノのディーラーに対するチップには相場というものが存在しません。勝敗結果に相応しい金額をチップとして渡すのがよいでしょう。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ