お得に外貨両替を済ませるには?

HOME » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » アメリカドルへの外貨両替

アメリカドルへの外貨両替

このページでは、アメリカドルとそのお得な両替法について調べています。

アメリカドルとそのお得な両替法

飛行時間は9~12時間と距離があるのに、日本人の海外渡航先としてはベスト3に食い込むアメリカ。根強い人気を持っています。

そんなアメリカの通貨は「ドル」。世界基軸の通貨として信頼度は高く、欧州のユーロと並ぶ3億人以上の「ドル人口」を誇ります。

【アメリカドル紙幣の種類】
1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの6種類

両替の際に留意したいポイント

ドルに限らず、両替の際に気になるのはレートです。大切な旅行資金ですから「できるだけ好条件で…」と考えるのは当然でしょう。

メジャーな通貨は日本で、マイナーな通貨は現地で両替!

両替の際に知っておきたいポイントです。当然のことですが「円」を最も必要としている国は、日本。ですからアメリカドルやユーロなどのメジャーな通貨は、現地よりできるだけ日本で両替しておいた方が、好レートで取引ができます。アメリカで「円」の力は基本的に弱まりますので、ドルの両替はできるだけ国内で行っておきましょう。

両替スポットのレートを比較

国内で両替する際にも、いくつかの候補があります。

両替場所 1000ドル両替の際の手数料
銀行、郵便局 約3000円
専門店、金券ショップ 約2500円

両替場所として最もポピュラーなのは、空港内の両替所ですが、手数料は店舗により割高。出発日より事前に準備しておきたい、という人から人気なのは銀行や郵便局ですが、こちらも同様に手数料は高くなっています。

注目は外貨両替の専門店/サービスや、金券ショップ。手数料をかなり節約することができます。とは言え「偽造紙幣が混ざる」などの可能性は、ゼロとは言えません。

日本は治安大国ですから、大手の金券ショップなどに偽造紙幣が混入している可能性は、極めて低くなっています。とは言え、海外では偽造紙幣の使用が大罪に問われる可能性もあるので「ちょっと不安」という人もいるでしょう。

近年は「成田空港のグループ会社」など、安心感の高い外貨両替専門ショップも登場しています。近年一般的になってきた「外貨宅配」サービスに対応しているところも多いようですよ。利用の際は、ショップや運営会社の信用度、サービス内容も充分に調査してくださいね!

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ