お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » デンマーク・クローネへの外貨両替

デンマーク・クローネへの外貨両替

このページでは、デンマークの通貨・クローネの両替などについて紹介します。お得な方法を知って、無駄を省いていきましょう。

デンマークの通貨「クローネ」

北欧にあるデンマークは、ヨーロッパにありながら通貨として「ユーロ」を用いていない国のひとつです。同地で使われている通貨は、王冠を意味する「クローネ(Krone)」。また、補助通貨として「オーレ(Øre)」があります。

【デンマーク・クローネ紙幣の種類】
1クローネ、2クローネ、5クローネ、10クローネ、20クローネ、
50クローネ、100クローネ、200クローネ、500クローネ、1000クローネの10種類

※1クローネ=100オーレ

現地の物価はどれくらい?

現地の物価は、日本と比べて1.5倍から2倍ほど。食事を例にとれば、一食で日本円換算で2000円くらいかかることも珍しくないそうです。物価が高いということであれば、効率的に両替をして、少しでも無駄を減らしていきたいところでしょう。

デンマーク・クローネはどこで両替するのがいい?

日本円をデンマーク・クローネに両替するのであれば、日本国内の大手銀行か、現地の銀行・両替所に行くことになります。

デンマーク・クローネは、日本においてはアメリカドルや中国元、韓国ウォンなどと比べれば、マイナーな通貨であることは事実です。裏を返せば、デンマーク側からしても、日本円はそれほど縁のない通貨と言えます。そうした通貨の場合、現地での両替がスムーズにいかないケースも考えられるでしょう。また、場所も大きな銀行などに限られてきてしまう恐れがあります。

損得だけで言えば現地での両替が有利かもしれませんが、現地に慣れていないのであれば、まずは必要だと思う分だけ日本で両替をしていくのがいいでしょう。

日本でデンマーク・クローネを両替するとしたら...

誰にでも簡単に両替できる方法として銀行・宅配・金券ショップがあります。この中でも宅配サービスを利用した両替はおすすめです。

宅配はインターネットで申し込むだけで両替が可能です。手続きも簡単ですし、いつでも申し込むことができるので非常に利用しやすいのがメリットです。

金券ショップでは、外貨の在庫がない場合もあるのですが宅配サービスの場合には在庫を心配する必要がないので、楽に外貨両替ができます。

空港の両替所は出国前の旅行者などで混み合っている可能性がありますから、時間に余裕を持ちたいということであれば、前もって銀行で両替をしておくのがいいかもしれませんね。

出発までに余裕があったら宅配を利用しよう

外貨宅配 円からデンマーク・クローネ 送料
GPA 19.27円 無料
トラベレックス 19.26円 1,000円(10万円以上の両替で送料無料)
JTB外貨両替 19.28円 無料

※2019年4月15日時点

このように、送料や手数料がかかる会社もあるので、利用する前にしっかり確認することでお得に両替することができます。

銀行

みずほ銀行、三菱UFJ銀行などの大手銀行では円からデンマーク・クローネへの両替が可能です。なお、成田空港グループ直営のGPA外貨両替専門店では、2019年3月28日時点で、円からクローネへは1クローネは18.93円ですが、三井住友銀行であれば16.93円となっています。銀行の方が少しお得ですね。

銀行でのデンマーク・クローネ両替ルートを4行比較紹介します。レートは以下の通りです。

銀行 円からデンマーク・クローネ
三菱東京UFJ銀行 19.26円
りそな銀行 17.32円
みずほ銀行 19.26円

※2019年4月15日時点

 銀行でのデンマーク・クローネの両替は割安傾向

銀行でのレートは両替手数料がかかるため注意が必要です。三井住友銀行では、通常のレートが16.67円なのに対して、手数料を含めると18.97円になります。そのため、レートが低くなるので両替ショップよりお得な両替と言えます。両替を行う時には手数料も考慮に入れておく必要があります。

金券ショップでデンマーク・クローネに両替する

大手金券ショップの大黒屋、J・マーケット、Ticketyではデンマーク・クローネが取り扱われていません。デンマーク・クローネは日本では供給量が少ない通貨になるので、金券ショップで扱われていない場所も多いようです。

デンマーク・クローネの在庫があるかチェックしてからお店に行こう

もし、デンマーク・クローネを扱っている金券ショップを見つけたとしても、在庫がなければ両替をすることはできません。外貨の在庫があることを確認してからお店に行きましょう。

ただし、金券ショップでは偽札をもらってしまうリスクもあります。普段外国紙幣を手にする機会はあまりないので、偽物を手にとってもなかなか気づくことはできません。レートだけを見るのではなく、信用できる金券ショップかどうかを確認してから利用しましょう。

時間がないなら「外貨宅配」

また、どうしても両替に行く時間がないということであれば、銀行や専門店などでは「外貨宅配」というサービスをやっています。これは文字通り外貨が宅配されてくるというサービスで、指定の箇所に振り込みをすれば、数日後にはレートに沿った外貨が送られてきます。銀行に行く手間も惜しいけど、悪いレートで換金もしたくない、という人にはおすすめでしょう。郵送料はおおむね数百円程度で、多額の両替であれば送料無料となるケースもあるそうです。

クレジットカードでのキャッシングもお得

ここまでは現金の両替について触れてきましたが、よりお得かつ便利な方法があります。それは、クレジットカードのキャッシング。「VISA」や「Mastercard」などは海外のATMでキャッシングをできるサービスがあり、金利はかかりますが、銀行などの手数料と比べると割安になるケースが多いようです。また、必要なときに必要なだけお金を引き出せるので、多額の現金を持ち歩く必要性がなくなります。

デンマークは、キャッシュレス化が進んでいる国のひとつで、クレジットカードが使えるお店がたくさんありますし、空港にはカードが使えるATMもあります。また、両替所は営業時間がありますが、ATMであれば24時間使えるというメリットもあります。

外貨を得る、という観点で見た場合は、キャッシングも念頭に置いた方がいいかもしれませんね。詳細については、各カード会社にお問い合わせください。

余った外貨はどうする?

海外に行ったことがある方であれば、現地で使い切れなかったお金の扱いに困ったことは、誰しも一度は経験されているかと思います。うまく使い切れればいいのですが、どうしてもわずかばかりの小銭は余ってきてしまうものですし、それを換金しようとしても、手数料などを支払うのがもったいない、ということもあるのでは。

旅行などで行ったのであれば、旅の思い出に保管しておくというのもいいでしょうし、クローネのように日本ではあまりメジャーでない通貨の場合、お土産として友人などに譲ると、喜ばれるかもしれません。

また、ユニセフやNGOなどの団体に寄付する、というのもひとつの方法です。余ってしまって使い道のない小銭が世の中の役に立つ、というのはちょっぴり気分がいいものですね。具体的な寄付の方法などは各団体のサイトなどでチェックしてみてください。

海外へ行くのに慣れていないという方の場合、準備に頭がいっぱいになって、通貨のことまで意識がまわっていないという方もいらっしゃるかもしれません。まずはこのページの情報をチェックして、事前準備に役立ててみてくださいね。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ