お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 【通貨別】外貨両替をお得にするには? » カナダドルへの外貨両替

カナダドルへの外貨両替

カナダドルとそのお得な両替法

カナダの国旗

世界で2番目に広大な土地を持つカナダは、ロッキー山脈やナイアガラの滝、メープル街道などで観光地がたくさんある国です。自然豊かな土地が多く、アメリカやヨーロッパと比べると治安が良いのが魅力。総人口の約6割が英語を母語としていますが、約2割はフランス語を話しています。

州内の移動といっても面積が広いので、鉄道やバスを使い分けるのが無難です。首都オタワもカルガリーもバスが充実しているので、観光でも困ることはありません。

カナダドルの基礎知識

カナダの硬貨

カナダの通貨単位はカナダドル(CAD)で、補助通貨はセントになります。紙幣と硬貨が5種類ずつで、 紙幣は2018年時点で旧札と新札どちらも流通。硬貨はそれぞれ独自の通称があり、25セントは「クオーター」、1カナダドルは「ルーニー」と呼ばれています。

【カナダドル紙幣の種類】
5カナダドル、10カナダドル、20カナダドル、50カナダドル、100カナダドルの5種類

【カナダドル硬貨の種類】
5セント、10セント、25セント、1カナダドル、2カナダドルの5種類

カナダ旅行準備中のあなたに!両替方法をチェック

事前に余裕をもって両替したいなら

外貨とパスポートの画像

現地で観光を楽しむついでに両替するのも悪くありませんが、ある程度のお金は事前に両替しておいたほうが安心です。せっかくカナダにいる時間を両替に割かれてしまうのももったいないでしょう。

日本国内にある両替所は、銀行や外貨両替専門店、金券ショップ、郵便局などです。銀行は混み合うので両替に時間がかかってしまうのが気になりますが、「銀行」という安心感があります。金券ショップは場所によってお得に両替できるのがメリットですが、偽造紙幣が紛れ込んでしまう可能性があるので、注意が必要です。

銀行と金券ショップの良いとこどりをしているのが、外貨両替専門店。取り扱っている通貨の幅が広く、安全性も「外貨の専門店」という強みがあって金券ショップよりは高めです。また、宅配サービスを行なっているところもあり、利便性の良さが魅力といえます。

当日出発の空港で両替したいなら

スーツケースと歩いているの画像

空港内にも両替所があります。当日まで時間が取れなかったという方でも、空港で両替できるので安心です。 主要空港内によくあるのがTravelex(トラべレックス)という外貨両替の専門店。他にも空港が直営している両替所もあります。

空港での両替は安心感があるのが魅力ですが、同じように「当日空港で両替しよう」と考えていた旅行客で長蛇の列ができてしまうのがデメリット。手数料が安くてレートが良いところを探そうとすると骨が折れます。

利用する必要性が生じた時のために、どの空港にどの両替所があるのかチェックしておきましょう。

現地で両替したいなら

カナダの風景

カナダドルへの両替は、現地のほうがお得です。前もってたくさん両替していても現地であまり使わず、手元に外貨が残ってしまうのが不安な方もいるはず。

そんな方は事前に国内で少額を両替しておいて、現地で使う分だけ両替するのはいかがでしょうか。それであれば、帰国した後のことを心配しなくて済みます。

もし現地で両替することを考えているなら、具体的にどんな場所で対応してもらえるのか確認しておくのが大切です。

実際に検証!日本とカナダドル、どっちで両替するのがお得?

日本の両替所 VS カナダの両替所

カナダドルへの両替は日本国内でもカナダ現地でもできますが、実際にどちらで両替したほうがお得なのでしょうか。2018年12月20日時点のレートで比較しました。

「円」が安いほど、お得に両替できるという指標になります。

日本国内 1カナダドル カナダ現地 1カナダドル
みずほ銀行 92.13円 カナダ・ロイヤル銀行 86.20円
GPA 92.12円 トロント・ドミニオン銀行 86.13円
J・マーケット 92.10円 モントリオール銀行 86.16円

※2018年12月20日14:00時点

比較してみた結果、カナダドルへの両替は現地で両替したほうがレートが良いということがわかりました。日本と現地では同日のレートでも6円ほど差があるようです。現地の主要銀行でのレートはどこも同じくらいなので、近くの銀行で両替しても大丈夫でしょう。

日本国内は銀行や外貨両替専門店、金券ショップの3店舗で比較していますが、こちらも最安値だった金券ショップと0.02~0.03円の差しかなかったので、自分の都合に合わせて両替すると◎。

時間に余裕がある方は銀行や金券ショップへ足を運べるかもしれませんが、仕事や家事で忙しい方だとなかなか両替の時間を確保できない場合もありますよね。そんな方は、外貨両替専門店の宅配サービスを利用するのがおすすめです。

外貨宅配サービスなら、3万円以上の両替なら手数料・配送料が無料のところも。銀行・金券ショップとあわせて外貨両替専門店もぜひチェックしてみてください。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ