お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI HOME » 【通貨別】外貨両替をお得にするには?

【通貨別】外貨両替をお得にするには?

このカテゴリでは、お得な外貨両替法を通貨別に調べています。

「いざ海外へ!」。そんな予定が決まったら早速準備開始ですが、必ず行わなければならないのが「両替」です。気になるのはレート。大切な旅行資金ですから「できるだけ好条件で…」と考えるのは当然でしょう。

両替場所は国内の銀行・郵便局、金券ショップ、外貨専門サービス、空港内の両替所、そして現地の空港や両替スポットなど、さまざまです。「どこで両替するのがベストなのか」という情報までを含むページを用意しましたので、ぜひ以下をチェックしてください。

少しでもお得に両替するためにチェックすること

手数料

外貨両替にかかる手数料には、両替手数料と為替手数料の2種類があります。

両替手数料は、両替1回ごとに発生する手数料を指します。例えば100ドルを両替しても1万ドルを両替しても、それぞれ手数料は同じ金額となります。つまり回数を多く両替すると、その分手数料が多くかかってしまうのです。日本国内の銀行や両替店は、両替手数料は基本は無料ですが、海外で両替する場合、手数料がかかることが多いですが、NO COMMISSIONと書かれている両替所はかからないです。

一方の為替手数料は、レートに含まれた手数料で、「1ドル●円」といった形で発生します。そのため両替額ごとに変動します。その手数料が高いか、安いかはレートから見極めるしかありません。

為替手数料は海外旅行のために外貨を両替する時にもよく課される手数料で、正式には手数料という名前はついていないのですが、通貨の種類や金融機関によってレートはそれぞれ異なります。

貨幣の種類によってお得さが変わってくる

外貨の種類は、ご存知のようにドルやユーロを始め、ウォンや香港ドルなど様々な種類があります。どの通貨と両替するかによって、手数料なども様々。お得な店も変わってくるので注意が必要です。

ドル・ユーロ・ポンドは日本で両替がお得!

メジャー通貨とは、主要通貨とも呼ばれ、国際的な市場で多く取引されている通貨です。具体的には、米ドル・ユーロ・日本円・英ポンド・スイスフランがメジャー通貨と呼ばれることが多いです。これに加えて、豪ドル・カナダドルもメジャー通貨と呼ぶ場合もあります。

まず、メジャー通貨の場合は日本で両替した方がお得です。理由は、海外での円の需要と関係があります。 例えば世界各国でメジャーな通貨として扱われているドルは、どこの国に行っても需要が高く人気があります。それに対し円は、アメリカ国内やヨーロッパ各国ではほとんど需要がありません。国際的に主要な通貨であるドルはどこに行っても需要が高いのに比べ、円はアメリカでは、ほとんど需要がありません。そのためアメリカやヨーロッパで円とドルを両替すると、日本で両替するよりもレートが悪いことがあります。他のメジャー通貨でも同様に、海外での円の両替は基本的にレートが悪い傾向にあります。 そのためメジャー通貨の場合は、予め国内で両替しておく方がお得なのです。国内でなるべく、手数料の低いところを探して両替するのがおすすめの方法と言えます。

マイナー通貨は現地で両替した方がお得!

マイナー通貨とは限れらた地域でのみやり取りされる通貨で、取引量が少ない通貨のことを指します。 基本的に米ドル・ユーロ・日本円・英ポンドやスイスフランなど、いわゆる流通量の多いメジャー通貨と呼ばれるもの以外は、全てマイナー通貨として扱われます。

マイナー通貨の場合は、日本国内よりも現地で両替した方がお得です。理由は、円のアジア各国などでの需要の高さによります。 アジア諸国などでは日本円が決済通貨として用いられることもあり、非常に需要の高い通貨として扱われています。そのため日本国内で需要の低いマイナー通貨と両替するより、日本円の需要が高い現地で両替をした方がレートはよくなります。

マイナー通貨を国内で両替する場合、現地ですぐに必要になる交通費やちょっとした飲み物代など、必要最低限の金額のみを替える方がおすすめです。その後現地についた後で、まとまった滞在費を両替する方法が手数料もお得になります。

アメリカドルへの外貨両替

ドル画像

世界基軸の通貨として信頼度は高く、日本人の海外渡航先としてはベスト3に食い込むアメリカをはじめ、世界中で流通し、欧州のユーロと並ぶ3億人以上のドル人口を誇っています。そのお得な両替法とは?

アメリカドルへの外貨両替を詳しくみる>>

ユーロへの外貨両替

ユーロ画像

フランスやイタリア、ドイツ、スペインなどの人気国を含む、ヨーロッパ約20ヶ国の通貨。電車で出入国できる距離の国同士も多いため、長期間の欧州渡行を計画している人にとっては便利です。現地より日本で両替した方がお得って、本当でしょうか?

ユーロへの外貨両替を詳しくみる>>

イギリスポンドへの外貨両替

ポンド画像

EU離脱がホットな話題の、イギリスの伝統的な通貨。日本円と比べ、どちらがメジャーな通貨と呼べるのでしょうか。

イギリスポンドへの外貨両替を詳しくみる>>

中国人民元への外貨両替

中国人民元の画像

経済成長が著しい中国は、訪問するたびに変化を感じる国のひとつ。通貨は人民元です。その特徴とお得に両替する方法を検証してみました。

中国人民元への外貨両替を詳しくみる>>

韓国ウォンへの外貨両替

ウォン画像

日本人の海外渡航先として大人気の韓国。その通貨がウォンです。出発前に両替していると、実は大損かも?

韓国ウォンへの外貨両替を詳しくみる>>

台湾ドルへの外貨両替

台湾ドル画像

「元」なのに「ドル」とはこれいかに?その特徴とお得な両替法を調べています。

台湾ドルへの外貨両替を詳しくみる>>

香港ドルへの外貨両替

香港ドル画像

物価は高いと評判の香港ですから、なるべく好レートで…。その秘訣を調査しています。

香港ドルへの外貨両替を詳しくみる>>

オーストラリアドルへの外貨両替

オーストラリアドル画像

コアラやカンガルーなど独自の動物や世界遺産のエアーズロック(ウルル)、日本とは真逆の季節で人気観光先として常連のオーストラリア!オーストラリアへ行かれる方は両替方法をチェックしましょう。

オーストラリアドルへの外貨両替を詳しくみる>>

タイバーツへの外貨両替

タイバーツ画像

急発展のさなかで物価の上昇も著しい微笑みの国、タイの通貨はバーツです。紙幣には国民に敬愛される国王陛下の肖像画が描かれています。地域によるレートの違いも含め、お得な両替方法を調査しました。

タイバーツへの外貨両替を詳しくみる>>

ニュージーランドドルへの外貨両替

タイバーツ画像

イメージしていたよりも物価が高いとの声も聞かれるニュージーランド。お得にニュージーランドドルを手にするには、日本とニュージーランドのどちらで両替するべきなのでしょうか?

ニュージーランドドルへの外貨両替を詳しくみる>>

シンガポールドルへの外貨両替

シンガポールドル画像

物価急上昇のシンガポール。東南アジアの通貨の両替は現地で行う方がお得になるとの認識が一般的ですが、シンガポールの場合はどうなのでしょうか。あらゆる両替方法から比較検討してみましょう。

シンガポールドルへの外貨両替を詳しくみる>>

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
体験談
おすすめの外貨両替方法を試してみた
▲ページトップ