お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI HOME » 【体験談】おすすめの外貨両替方法を試してみた » 体験談から学ぶ~りそな銀行での外貨両替の話~

体験談から学ぶ~りそな銀行での外貨両替の話~

銀行での外貨両替体験談【りそな銀行編】

りそな銀行で外貨両替をすると、どのようなメリットがあるのか。ここでは実際に、りそな銀行サービスを利用して両替した時の体験談を紹介します。

りそな銀行の特徴

りそな銀行の特徴をピックアップしました。

外貨宅配サービスがおすすめ

りそな銀行で外貨両替をする場合、外貨両替専門店か、もしくは外貨宅配サービスを利用しての両替をすることになります。

というのも、りそな銀行では窓口における外貨両替サービスを行なっているところが、両替専門店しかないからです。さらに、両替専門店は成田空港、もしくは関西国際空港しかありません。

以上のことを踏まえ、空港と外貨宅配サービスの比較をした結果、「りそなを利用するなら、外貨宅配サービス一択だ」という結論に至りました。

成田空港も関西国際空港も便利な土地とは言い難く、交通費に莫大なお金がかかります。

関空で両替する場合は、関空行きのバスを探すか、関空行きの電車に乗るしかありません。ちなみに、電車で行く場合、なんば駅から南海本線で関西空港駅まで行くことになり、約1時間で920円かかり、バスで行く場合、梅田からだと約1時間で1,550円かかります。

成田空港に至っては東京から向かう場合、東京駅から日暮里駅で有料特急に乗り換えなければならず、1時間で2,630円かかります。リムジンバスだと1,000円で乗れるバスが出ていますが、旅行シーズンはほぼ満員のため、待ち時間が長くなることもあります。

これらのことから分かるように、旅行で空港を利用するならまだしも、ただ両替で空港まで行くのは、莫大な時間と交通費の無駄でしかありません。

さらに、そこまで苦労して空港まで行っても、レートも手数料も他の銀行の両替サービスと大差ないため、今回は宅配サービスを活用しました。

手数料・レート・取扱外貨種類~支店編~

実際に専門店に行ってないので、りそな銀行ホームページの情報をまとめてみました。

手数料:他の大手銀行と同じく3円

レート:米ドルでりそな銀行が112円54銭なのに対し、三井住友の銀行が110円97銭と、

やや高めですが誤差の範囲

取扱外貨種類:20種類(関西国際空港はスウェーデン、ノルウェー、ベトナムの通貨を扱っていな

いので17種)です。なお、三井住友銀行は22種と、りそな銀行はやや少なめです。

結論:旅行目的で空港に行く機会がない限り、両替専門店まで出向くメリットはナシ。

手数料・レート・取扱外貨種類~外貨宅配サービス編~

外貨宅配サービスは、りそな銀行と提携しているトラベレックスによるサービスです。

りそな銀行ホームページからサイトに行くことができます。

最初は100ドル札1枚を両替しようと思ったのですが、3万円相当額からの注文しかできないので3万円で買えるだけの米ドルを買うことに。

その日のレートは114円7銭と店舗よりも高レートでした。

なお、宅配には別途手数料がかかり、配達日は依頼してから約2日後となります。

今回は米ドルでしたが、取扱外貨の種類は33種類と店舗のおよそ1.5倍です。

結論:急ぎでないなら非常に楽だけど色々と制約がある。

外貨宅配サービスでの外貨両替手順

外貨宅配サービスは、トラベレックスのサイトから行なうことができます。

基本的な流れとしては、フォームに必要事項を記入し、次に外貨の種類と両替額を決め、依頼します。 お金はトラベレックスの店舗で受け取るか、自宅まで郵送してもらうかの二択となります。今回はもちろん自宅郵送を選択。

外貨宅配サービスは、3万円からの両替からしかできないので改めて3万円相当のドル札を計算することに、と思ったらサイトに外貨両替自動計算ツールがあったのでそれを利用。

3万円分の米ドルは、手数料込みで大体270ドルでした。

これに郵送料の1,000円が加わり、後は送られてくるのを待つだけです

2日ほどしたらお金が届くので、必要な代金を支払えば両替は完了です。

利用した感想

今回外貨宅配サービスを利用するにあたり感じた、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

メリットはなんといっても楽なことです。必要事項を記入すれば後はお金を待つだけの超お手軽両替は、わざわざ出かける必要がないので楽です。

それに加えて、オンラインならではの外貨種類の豊富さも特徴的でした。海外FXを行なう時は、選択肢の1つとしても役立ちそうです。

デメリット

色々と制約があるのがネックですね。

取引が3万円以上からしか対応していない上に、郵送には2日ほど時間がかかり、さらには手数料で1,000円プラスされる。

たしかに楽なことは楽ですが、郵送を待つくらいならどこかで外貨両替をしたほうが圧倒的に早いです。

前もって通貨を準備したい人向けかもしれません。

メリットとデメリットを比べてみると、デメリット面が大きいように感じられるかもしれませんが、トラベレックスとのインプラントストアを展開しているので、両替する時間がない場合は、それらを有効活用しましょう。

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ