お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI HOME » 【体験談】おすすめの外貨両替方法を試してみた » 体験談から学ぶ~三井住友銀行での外貨両替の話~

体験談から学ぶ~三井住友銀行での外貨両替の話~

都心のメガバンク!三井住友銀行での外貨両替した場合

三井住友銀行で外貨両替をしてみました。レートやサービス面など、三井住友銀行は他の銀行とはどのような違いがあるのか、ここではその検証結果を紹介しています。

三井住友銀行の特徴

まずは、三井住友銀行の特徴をピックアップしてみました。

取扱通貨

取扱通貨ですが、ドルやポンド、ユーロ、バーツ、元、ウォン、台湾ドルなどの基本的な通貨が一通り揃っていました。サイトで調べてみると、空港では他にもフィリピンペソなどを取り扱っていることもあり、海外旅行では基本的に事前に両替は難しくないようです。

なお、他の銀行を比較した結果、空港での外貨取扱は三井住友が最も多くの種類がありました。

三井住友銀行が22種類の外貨を扱っているのに対し、みずほ銀行では18種類、三菱東京UFJ銀行では19種類の取扱となっています。

しかし、三菱東京UFJ銀行では扱っているパシフィックフランを三井住友銀行では取り扱っていないケースもあります。

手数料

手数料に関しては、基本的に他の銀行と大差ないです。

1ドルあたり3円前後の手数料がかかっています。なお、「手数料無料」と宣伝しているところもありますが、対して両替金額に違いはありません。

その理由は、手数料無料の代わりにレートが低いため、最終的にはほとんど差がない状態になっているからです。

レート

これは結論から言えば、どこの銀行でもそこまで大差がない印象でした。

米ドルのレート表を確認してみると、三井住友銀行では110円93銭、三菱東京UFJ銀行では111円73銭とほぼ誤差の範囲です。

しかし、三井住友で米ドルを両替すると両替の手数料が安くなるようであり、30銭の割引サービスを受けられました。

なお、その後ホームページにて割引を調べた結果、豪ドルとNZドルそしてカナダドルはなんと2円の割引サービスがあるようです。

銀行で両替するならこの3つは三井住友で両替したほうがお得なのではないでしょうか。

各国で使える外貨が豊富にある

特筆すべきは外貨の種類が豊富なことと、割引サービスが限定的にあるということです。

特に種類の多さは有り難く、米ドルなどを使わない国に渡航する時は、三井住友に行って両替したほうが良いかもしれません。

三井住友銀行での外貨両替手順

三井住友銀行では外貨両替はATMで行なわれません。というより、ATM自体ありません。窓口での取引で行なうことになります。

手順としては、「外貨両替依頼書」と書かれた紙に住所氏名電話番号、そして両替希望額を書きます。 後は郵便局や銀行と同じく窓口で紙と金額を渡せば両替してくれます。

ちなみに、今回は日本円を米ドルに両替してもらいました。

100ドル札を1枚両替しようと両替依頼書に100ドルと書いて出したところ、その時のレートが109.65円だったので10965円+手数料を支払うことに。

自分が実際に街の銀行まで両替をしたところ、受付の人がかなり丁寧に教えてくれました。

「すいません、両替したいんですけど」

「ああ、それでしたらまずこちらの用紙に記入してですね~」

と、こういったやりとりは銀行の窓口で手続きをするのとほぼ同じでした。また、細かい不満点としてはお札の種類が選べないということですね。

100ドル札1枚ではなく様々な種類のドル札に変えてくれるのですが、この時ドル札指定ができなかったため、ドル札の種類は程よく均等にわけられていました。

これは人によっては便利と感じるかもしれませんが、せめてお札の枚数指定はしたかったなあと感じました。

三井住友銀行での外貨両替利便性

今回、三井住友銀行を調べ、実際に体験したところ、以下のような印象を受けました。

メリット

上にも書きましたが、交換できる外貨の種類が多いのは大きなメリットではないかなと思います。

ですが、幾つかの外貨は空港でしか取り扱ってないそうなので街での交換は電話などで取り扱っているかどうかの確認が必要になるのではないかと思います。

自分は今回米ドルでの交換だったのですが、さすがに米ドルはどこの窓口でも確実に取り扱っていると思いますよ。

しかし、三井住友銀行最大のメリットは、身分証明書が必要ないということではないでしょうか。

他の銀行では提示を求められましたが、三井住友銀行ではその必要もなく、スムーズに交換ができました。

デメリット

窓口での対応のみなのが若干面倒です。

いちいち書類に書かなければならないのは、人によっては拒否反応が出ることもあるでしょう。

書く項目自体は少ないのですが、やっぱりめんどくさいなと感じてしまいました。

窓口対応のみなのもネックです。 今回は待っている人が0なので即座に交換できましたが、旅行シーズンになると人が一気に増えそうなので場合によっては他の銀行ATMで交換したほうがスピーディーにできると思いますよ。

幅広い外貨両替が魅力

三井住友の強みは幅広く取り扱っている外貨の種類です。

そのため、外貨両替で利益を得たい人にとっては他の銀行よりも使い勝手が良いと考えられます。しかし、窓口での取引のみなので混雑していない時間帯を狙ったほうが良いようです。

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ