お得に外貨両替を済ませるには?

HOME » 【体験談】おすすめの外貨両替方法を試してみた » 大黒屋で外貨両替してみた

大黒屋で外貨両替してみた

このページでは、大黒屋での外貨両替体験談を掲載しています。

外貨両替体験談【大黒屋編】

「外貨両替はどこで行うのが一番おすすめか?」そんな疑問への回答を導き出すべく、数ヶ所を利用比較してみました。銀行に続いては金券ショップ・大黒屋です。

  • 場所…大黒屋 新宿思い出横丁店
  • 両替日…2016年7月27日
  • 両替額…3万円

大黒屋店舗新宿には多くの大黒屋が営業していますが、今回向かったのは新宿駅西口から徒歩5分くらいの場所にある「思い出横丁」店。大通り沿いにあり、店舗の裏側エリアには、レトロな趣のある飲み屋さん街が広がっている場所です。

大きな看板が出ているので、わかりやすいはず。目的地へと急ぐ通行人の流れが途絶えない場所で、日本でなければ両替を躊躇してしまいそうです。

いざ外貨両替へ挑む

大黒屋_レート 大黒屋_両替

さて、店内へと足を踏み入れると、レート情報は受付の右壁に貼り出されていました(写真左)。毎日手作業で張り替えているようです。5大通貨+アジア圏の通貨併せて11種類となかなか豊富で、レートは銀行よりもやや安め。1ドル106円代で外貨両替できるようです。

店内には私のほかにも外国人観光客が両替を依頼していました。タイミングを見計らい、店員に声をかけてみます。

「外貨に両替したいんですけど…」
店員「通貨はなんですかぁ?」
※作業片手間に軽いノリで返答される
「日本円からUSドルに」
店員「いくら分両替しますか?」
「3万円分お願いします」 
※書類を書いたりすることはないようです。店的に大丈夫なのかと疑問…
店員「内訳は?」
「お任せで!」
店員「こんな感じでいいですか?いいですね!こちらが計算書になります」
※通貨を一緒に数えてくれるも、スピードが速すぎて、正直よくわからない…
「…ありがとうございます」

わずか数分程度の出来事でした。店員さんの対応は雑と言っていいのか、早いといっていいのか微妙なところ。しかし、記載通りのレートで両替してくれたので281ドル。20円の端数が返ってきました。内訳は以下の通り。

  • 1ドル:11枚(11ドル)
  • 5ドル:6枚(30ドル)
  • 10ドル:6枚(60ドル)
  • 20ドル:4枚(80ドル)
  • 50ドル:2枚(100ドル)

50ドル2枚は少し使いにくいかな、と感じましたが、金額をごまかされるようなことはなく、しっかり計算通りの額を手渡されました(写真右)。結果、2万9980円で281ドルを手に入れました。みずほ銀行での両替よりもレートが良く、2ドル多かったということになります。

  • 接客態度…丁寧さには欠けるがスピードは速い
  • 所要時間…3分程度
  • 両替金額…約3万円→281ドル
  • 紙幣内訳…指定可能
  • 札の状態…折り目があったり、ヨレヨレの紙幣も混ざる
  • 手数料…無料(レートに含まれる)

ちょっと待った!!金券ショップに潜むリスク

「金券ショップでの両替は、レートが良い!これからは全額お願いすることにしよう!」と結び付けたいところなのですが…大きな懸念事項があります。

それは「偽造紙幣が紛れ込む可能性がある」ということ。販売用外貨の仕入れを世界的な銀行から行っている大手外貨両替専門店や大手銀行では、偽造紙幣が紛れ込む可能性はゼロですが、金券ショップでは店頭で買い取った外貨を販売していると思われる為、偽造紙幣が混入する事もあり得る話です。治安大国である日本で、そのような不正が発生する可能性は低くなっているものの、ゼロとは言い切れないので注意が必要です。

また、海外で偽札を使うと、本人に責任がなくても逮捕されることになります。国によっては死刑など、重い量刑が課せられることも…!わずかな差額にこだわるあまり、罪に問われるようなことがあっては全てが台無し。紙幣を両替した時点で、それがホンモノなのか、ニセモノなのかを1枚1枚判断する術はありませんので、金券ショップで両替する際は、そうしたリスクも念頭に置いておきましょう。

外貨両替するならどの方法?3つの両替方法を比較してみました
免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ