お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 海外旅行前の必読コラム » ロストバゲージとは?

ロストバゲージとは?

海外旅行の際にしばしば起こるトラブルであり、どうしても避けたいのが「ロストバゲージ」です。

完全に避けるのは難しいものですが、起きたときの対処法を知っておくと、気持ちの面で余裕が生まれます。

今回はロストバゲージと、その対処について紹介いたします。

ロストバゲージとは

ロストバゲージとは、空港到着時の荷物紛失のこと。海外旅行の際、出発前に預けた自分の荷物がいつまでも回ってこない、という経験をされたことは、頻繁に海外に行く方であれば、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

特に、右も左も分からない、言葉もあまり通じない海外でロストバゲージが起きてしまったときは、精神的動揺が大きくなることでしょう。

ロストバゲージが起こる原因は

ロストバゲージの発生原因において、最も多いのが人為的ミスです。仕分け時やタグ付けなどのミスによって荷物を違う飛行機に積み間違える、あるいは積み忘れる、紛失してしまうといったことはどうしても起きてしまいます。また、飛行機の遅延などの理由によって、本来積むべき飛行機に荷物が積めなかった、というケースや、他の乗客が間違えて持っていってしまった、ということもあります。

とくに、ハブ空港と呼ばれるような大きな空港、国際空港などでは、発着陸を行う飛行機の便そのものが多く、荷物の行き来もあることから、ロストバゲージの発生件数はどうしても増えてきます。

ロストバゲージ対策について

原因が原因ですから、ロストバゲージを100パーセント防ぐことは不可能と言えます。ただし、これから紹介する手段を用いれば、多少はその確率をゼロに近づけることができるでしょう。

直行便を利用する

ロストバゲージは、荷物の積み卸しの際に発生します。直行便であれば、積み卸しを最低限に抑えられますので、必然的にロストバゲージの起きるタイミングが減ります。

ネームタグをつける

自分の名前が分かるネームタグをしっかりとつけて置けば、荷物引き取りの際に、間違えて自分の荷物が持って行かれてしまう可能性を下げられます。

自分のスーツケースの特徴を覚える

荷物受け取りの際、自分のスーツケースの特徴をしっかりと把握しておくことで、間違いを減らせます。また、万が一荷物がなくなってしまったときに、特徴を説明できます。不安であれば、スマートフォンなどで画像を撮影しておくといいでしょう。

ロストバゲージが起きてしまったら?

それでも運悪くロストバゲージにあってしまったときは、すぐに以下の手段をとるようにしましょう。これを頭に入れておくだけで、万が一のときにも慌てずに済むはずです。

空港カウンターで相談する

荷物を預けた際には、手荷物証明書が発行されています。それを提示して荷物がなくなったことを伝え、自分の荷物を探してもらいましょう。

手荷物の保障を航空会社に請求する

航空会社によっては、荷物遅延の間の保障がある場合があります。また、そういった保障がなかったとしても、紛失が確定した時点で、それまでに購入した生活必需品の代金を後日請求できることがあります。

その際はレシートが必須なので、必ず保管しておきましょう。
ただし、保障の範囲や手続き方法については航空会社によって異なるので、確認が必要です。

保険会社に連絡する

海外旅行に出る際に加入する海外旅行保険には、ロストバゲージ保障が入っているものもあります。

そうした保険に入っておくことは、万が一の備えになります。

保険の受付センターなどに連絡を取り、手荷物遅延に発生した費用の補償を受けましょう。

ロストバゲージに関して、起きてしまうかどうかは、最終的には「運」の要素が大きいと言えます。決して高い確率ではないので、海外旅行の際にはロストバゲージに遭わないように願いたいところ。それと共に、「もしも」の備えをしておくのが重要です。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ