お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替の知っ得情報NAVI » 海外旅行前の必読コラム » 出国税(国際観光旅客税)とは?

出国税(国際観光旅客税)とは?

海外旅行初心者に向け、2019年1月7日よりスタートした出国税(国際観光旅客税)の概要をどこよりもわかりやすく解説しています。はじめての海外旅行を計画中の方、または最後に海外旅行をしたのが2019年1月7日以前の方は必見です。

出国税は一律1,000円

1人1回の海外旅行につき、1,000円の出国税が徴収されます。飛行機や船舶など、利用した乗り物の運賃(チケット代)に関わらず税額は一律とされています。

出国税の対象となるのは?

出国税は、2019年1月7日以降に日本から出国するすべての人が対象となっています。

2019年1月6日までに購入した
チケットはどうなる?

2019年1月6日までに購入した海外旅行のチケットは、搭乗日時が確定しているチケットのみ非課税で使用できます。ただし、事前に購入したチケットの日程を1月7日以降に変更した場合は課税対象となるためご注意ください。

また、出国日時がとくに決められていない回数券やオープンチケット(搭乗区間のみ決まっている航空券)に関しては、2019年1月6日までに購入したものも含め、すべて出国税の課税対象となります。

出国税(国際観光旅客税)は
どうやって納税すればいい?

出国税を徴収するのは基本的に航空会社や船会社です。空港施設利用料と同じように航空機や船舶の運賃に加算されるため、別途納税の手続きをする必要はありません。

出国税を払わなくてもいい場合

乗継便を利用して24時間以内に同じ空港から出国する場合は非課税となります。ごくまれですが、トラブルにより台風や豪雨などの悪天候により航空機・船が空港へ戻った場合、緊急着陸した場合なども出国税を払う必要はありません。

また、2歳未満の子どもに関しても非課税となっています。ただし、3歳以上の子どもは大人と同額の出国税が課されるので間違えないよう注意しておきましょう。

海外旅行を
安くかしこく楽しむには?

日本では、まだ出国税が新設されたばかり。1人1回1,000円という金額は世界的にみて高いのか安いのか気になるところですよね。

他国の出国税を調査してみたところ、オーストラリアの出国税は約5,000円(60豪ドル)、米国は約1,500円(14ドル)でした。比べてみると、日本の出国税はいくらか良心的な価格であることがわかります。

また、日本よりも出国税が高い国がいくつかある点をふまえると、今後日本の出国税が上がる可能性も充分に考えられます。そのため、海外旅行をオトクに楽しみたいと考えている方は、出国税が上がる前にいろんな国に行っておくのもひとつの手というわけです。

最近は格安でチケットを購入できるLCC会社、旅行代理店が増えているため、計画次第では出費を抑えられるでしょう。

また、海外旅行へ行く前に国内で外貨を変えて両替手数料をなるべく抑えるのもかしこい選択。まだ海外旅行に行ったことがない方に向けて、外貨両替の手数料を抑える方法も解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
▲ページトップ