お得に外貨両替を済ませるには?

三井住友銀行

このページでは、三井住友銀行が行う外貨両替/外貨宅配の特徴を紹介します。

三井住友銀行の外貨両替とは

三井住友銀行のキャプチャ
画像引用元:三井住友銀行公式HP
http://www.smbc.co.jp/kojin/kaigaiservice/
gaika_ryougae/ryougae/

3大メガバンクのひとつ・三井住友銀行は当然外貨両替にも対応していますが、外貨両替専門のコーナーを設置しているのは、全国18店舗。専門コーナーは通常の店舗業務よりも営業時間が長く、取り扱い通貨も豊富です。空港内店舗では、さらに取り扱い通貨が増えるようですよ。

また要注目は「外貨宅配サービス」です。口座を持っていなくても、ネットから24時間申し込み可能で、事前の振込は不要。申込時のレートで受取時に両替可能となっています。平日14時までの申し込みなら最短で翌日配送も可能で、取り扱い通貨もかなり豊富なので、利用メリットは大きそうです。

三井住友銀行3つの特徴】

★一部店舗内に「外貨両替コーナー」を設置。平日15時以降も営業

★口座がなくても簡単にネット申し込みできる「外貨宅配サービス」も

★最大22種と豊富な通貨を取り扱う

三井住友銀行の外貨両替の特徴

取扱通貨

ドルやポンド、ユーロ、バーツ、元、ウォン、台湾ドルなどの基本的な通貨が一通り揃っています。空港では他にもフィリピンペソなどマイナー通貨も取り扱っていることもあります。なお、他の銀行を比較した結果、空港での外貨取扱は三井住友が最も多くの種類がありました。

特筆すべきは通貨によって割引サービスが限定的にあるということです。

手数料

手数料に関しては、基本的に他の銀行と大差ありません。

レート

米ドルのレート表を確認してみると、三井住友銀行では110円93銭、三菱東京UFJ銀行では111円73銭とほぼ誤差の範囲です。

しかし、三井住友で米ドルを両替すると両替の手数料が安くなるようであり、30銭の割引サービスを受けられました。なお、その後ホームページにて割引を調べた結果、豪ドルとNZドルそしてカナダドルはなんと2円の割引サービスがあるようです。三井住友は大きな差はなくとも、銀行のなかではお得に両替できると思われます。

三井住友銀行での外貨両替利便性

三井住友銀行を調べ、以下のような印象を受けました。

メリット

上にも書きましたが、交換できる外貨の種類が多いのは大きなメリットではないかなと思います。ですが、幾つかの外貨は一部店舗のこともあるので電話などで事前の確認をしておきましょう。

三井住友銀行最大のメリットは、身分証明書が必要ないということもあげられます。他の銀行では提示を求められましたが、三井住友銀行ではその必要もなく、スムーズに交換ができました。

デメリット

窓口での対応のみなのが若干面倒です。書く項目自体は少ないのですがいちいち書類に書かなければならないのは、人によっては嫌だという方もいるでしょう。

旅行シーズンになると人が増えそうなので場合によっては他の両替方法で交換したほうがスピーディーにできると思います。

三井住友銀行の外貨宅配サービス

外貨宅配の取扱通貨・為替レート

三井住友銀行の外貨宅配サービスの特徴は、米ドルだけでなくタイバーツやトルコリラなど、世界各国36種類の外貨に対応していること。インターネットで申込むことができ、紙幣を「小額紙幣を多めに」「高額紙幣を多めに」と用途に合わせて選択することができます。外貨宅配で申込む際は当日午前11時ごろに公表される為替レートが適用されるので、事前にチェックしておきましょう。公表以前の申込みは、前営業日の為替レートが適用されます。

配送地域や配送時間

為替の宅配は、離島など一部地域を除いて全国各地の自宅や勤め先に配送してくれます。銀行営業日である平日14時までに申込むと、最短で申込んだ翌日午後までに届けてもらうことが可能です。土日・祝日にも対応しています。配達の時間帯も指定でき、9~12時・12~17時・17~20時から選べるので便利です。

申込金額と配送料・手数料

外貨宅配サービスで両替できるのは、1回あたり1~30万円までです。外国紙幣は7種類まで申込めます。外貨から円貨に両替する場合、千円単位での両替が可能です。配送料は1万円以上3万円未満だと1,200円、3万円以上8万円未満の場合は600円、8万円以上30万円以内だと無料になります。手数料は為替レートに含まれていて、別で支払う必要はありません。

外貨宅配サービスの利用の流れ

三井住友銀行の公式サイトにある「外貨宅配お申込」ページで、申込み方法を選択します。円貨金額での申込みか、外貨金額での申込みをチェックして次に進みましょう。

次に通貨選択・金額入力に移ります。外貨紙幣の種類と外貨額を入力してください。入力すると注文した外貨の通貨一覧が表示されます。ここで為替レートに合わせた両替が可能です。

「高額紙幣を多めに」「ふつう」「小額紙幣を多めに」といった金種の組み合わせもできます。自分の用途に合わせた組み合わせを選びましょう。申し込み金額が8万円以下の場合は、送料を除いた金額の外貨が購入できます。

最後に名前や届け先の住所、届け先の指定日時などを入力。正しく入力すると申し込みの内容確認が表示され、OKすることで外貨宅配手続きが完了します。

口コミ評判

  • 大きな店舗に行かないと、紙幣の内訳までは指定できないようです。
  • 外貨宅配を利用しました。ドルは窓口換金の方が割安になることもあるようですが、その他の通貨は同じレートだそうです。配達日・時間帯も指定できてありがたいサービスです。
  • 外貨宅配はしっかりとした封筒で届き、配達業者の人から「事前に開封された形跡がないか確認を」と言われました。一度開封されると、シールの色が変わるようになってるらしいです。さすが金融機関からの郵便物は、信用できますね。

サービス情報

取扱店舗 店舗…全国18店舗で対応(関東13、中部1、関西4)
宅配…全国対応
営業時間 店舗…各店舗の営業時間に準ずる(~18時30分までが多い)
宅配…24時間受付可能
取り扱い通貨 最大22種(外貨宅配は全36種)
USドル、ユーロ、カナダドル、イギリスポンド、スイスフラン、ニュージーランドドル、人民元、オーストラリアドル、韓国ウォン、台湾ドル、香港ドル、シンガポールドルなど
両替上限額 要問合せ
紙幣内訳 各通貨の取扱最小紙幣単位で指定可能
手数料・配送料 店舗…要問合せ
宅配…申込金額に応じた配送料割引有、8万円以上で無料
空港内店舗 あり(成田国際、羽田、関西)

大手銀行ならではの信頼感も高いので「両替には安全性を優先」という方は、レートを確認したうえで利用を検討してください。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
あなたはいつ派?
外貨両替の方法ガイド
旅行前に両替
当日に空港で両替
現地で両替
体験談
おすすめの外貨両替方法を試してみた
▲ページトップ