外貨両替の知っ得情報NAVI

お得に外貨両替を済ませるには?

外貨両替をもっとお得に!スムーズに!

旅行の日程も決まり、着々と準備を進めているあなた!外貨両替はもう済んでいますか?

日本では主に、「銀行」、「金券ショップ」、「外貨宅配」の3つの方法で外貨を手に入れることができます。それぞれの方法によって、レートの良し悪しや手数料の有無、通貨の安全性が異なるもの。

正しい方法を選択することによって、お得に外貨両替できるので、あなたに合った方法を探してみてくださいね。

初心者でもわかる
外貨両替とは

海外にはよく出かけるという人でも、外貨両替の基本事項について意外に抜け落ちている部分があったりします。滞在を充実したものにするために用意した資金ですので、効率的に両替して、充分に活用したいもの。ぜひご一読ください。

事前に外貨を用意した方がベスト

渡航までに時間の余裕がある人には事前に両替した方がオススメです。なぜなら、出発当日に空港の両替コーナーが混雑していたり、言葉が通じない現地で両替するよりはるかに安全に両替することができるからです。

事前両替の手段の中でも、今注目されているのは「外貨宅配」。外に出歩かなくても自宅や職場など希望の場所に外貨を届けてくれるので、両替するために出歩く時間がない人にはうってつけのサービスです。ぜひ利用してみてください。

そもそも外貨両替とは?

国によって使われている通貨は異なるので、どこかの国を旅するときはその国の通貨に替える必要があります。例えば、アメリカに行くならドル、中国に行くなら人民元という感じです。

海外は日本と比較すると治安が悪い場合が多いです。そのため、高額紙幣だけを持ち歩くのはとても危険。「大金を持っている」と思われたら、命を狙われるかもしれません。防犯を考えて、クレジットカードやキャッシュカードなど併用することをおすすめします。カードであれば、仮に落としたり盗まれたりしても凍結できるのでリスク管理になります。とはいっても、カードが使えないお店やチップなど現金が必要な場面はたくさんあります。そういった現金は、出発前に両替を済ませておくことが無難です。土地勘がなく言葉が通じにくい海外でまとまった金額を外貨に替えるよりははるかに簡単です。

ぶっちゃけお得に両替できる方法はどれ?

外貨を国内で両替するには、「銀行(空港)」「金券ショップ」「宅配サービス」と主に3つあるとお伝えしましたが、両替手数料が多少変わってきます。

ただ、出発までどれくらいの期間なのかで、利用できる両替所が限られてきます。

「出発2週間前以前」「1週間前」「当日」の両替するタイミングのうち、それぞれどこで両替するのが一番お得か表にまとめました。

  宅配サービス 空港 銀行 金券ショップ
出発まで
2週間以前
家や通勤中に両替
良いレートで
手軽に手配できる
空港まで行けばいつでも両替できる 15時ごろまでであれば両替可能 ショップまで
わざわざ足を運ぶ必要がある
出発まで
1週間
1週間以内に届かない可能性も… 空港まで行けばいつでも両替できる 15時ごろまでであれば両替可能 銀行よりもお得
に両替できる
出発当日 利用できない 混雑していなければ直前でも両替できる 両替できるが時間が読めない 両替できるが外貨によっては無い可能性も…
  宅配サービス
詳細を見る▶
空港の両替
詳細を見る▶
銀行系の両替
詳細を見る▶
金券ショップ
詳細を見る▶

外貨両替の方法は主に3つ

銀行(空港)・金券ショップ・宅配サービスが気軽で主流

1.銀行

銀行によっては外貨両替専門窓口もあります。信頼性が高く安全に取引ができるので、利用者が多いです。また、扱っている紙幣も綺麗なので、綺麗な紙幣を使いたい人も銀行で外貨両替を行った方が良いでしょう。

だたし、他の外貨両替の方法よりも手数料は高めです。15時に受付を終了する銀行が多いので、利用しづらく、時間帯によっては混み合うこともあります。

2.金券ショップ

事前両替の中ではレートは安めで、店舗での対応も早いです。また、銀行よりも営業時間が長く、利用しやすい点も大きなメリットです。

しかし、偽造紙幣が紛れているリスクはゼロではありません。そして、スタッフの対応も、銀行の方が親切丁寧です。紙幣が汚れていることも少なくないので、「財布には綺麗な紙幣しか入れたくない」という人には、抵抗があるかも知れません。

3.外貨宅配サービス

銀行や金券ショップは直接行かないと外貨両替ができませんが、外貨宅配の場合は自宅や会社にいながら外貨両替ができます。信頼度が高く、配送料無料のサービスも用意されています。また、ほとんどのお店が24時間営業を行っているので、忙しい人も利用しやすいです。デメリットとしては、当日配達・受け取りができないことが挙げられます。インターネットで申し込むため、パソコンやスマホに不慣れな人だと操作に時間が掛かるでしょう。そして、サービスもお店によって大きく異なります。情報サイトや口コミを見るのが好きな人であれば、お得なお店を直ぐに見つけられるでしょう。

外貨の両替をするなら、最低でもこの3つは覚えておきましょう。

外貨両替方法のメリット・デメリットを比較

では、銀行・金券ショップ・外貨宅配にはどのような違いがあるのでしょうか。「結局どれを利用すべきなのか?」と迷わないように、それぞれのメリット・デメリットを一覧でまとめてみました。

方法によって、手数料・配送料が無料、営業時間が長い、信頼性・安全性が高いなど、特徴が異なりますので、あなたにとってベストな方法を探してみてください。

都市銀行
金券ショップ
外貨宅配
メリット 信頼性が高く、行内での取引も安全。
★銀行によっては外貨両替専門窓口も有。
★紙幣がきれいで、内訳も指定可能。
事前両替の中ではレートが安め。
★店舗での対応が非常にスピーディ。
★銀行よりも営業時間が長い。
自宅や会社に居ながら外貨両替が可能。
★信頼度が高く、配送料無料のサービスも。
★24時間受付可能のサービスがほとんど。
デメリット レートに含まれた手数料が高い
★15時で受付終了も多く、利用しにくい。
★時間帯によっては、行内が混み合うことも。
偽造紙幣リスクがゼロとは言えない。
★親切丁寧なサービスは期待しにくい。
★紙幣が汚く、内訳指定がしにくい。
申込当日の配達はできない。(最短翌日)
★インターネットが不慣れな人は向かない。
★会社によるサービスの差が大きい。

あなたはいつ派? 外貨両替の方法ガイド

海外へ渡航する際には、現地の紙幣や通貨が必要不可欠。「いつ日本円を両替すればよいのだろうか?」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。一般的には事前に両替するのがベターであり、時間がない人は空港で、海外慣れしている人は現地で、という傾向があるようです。

それぞれの方法のメリット・デメリットも紹介していますので、渡航先や自分自身に合う最適な方法を選びましょう。

旅行の事前準備を
計画的に
済ませたい!

おすすめの「事前両替サービス」を紹介するとともに、「外貨宅配サービス」についても情報をまとめています。

空港でムダなく
合理的に
両替したい!

時間を無駄にせず、安全な空港での直前両替。国内の主要空港にあるおすすめの両替スポット情報を掲載します。

現地で
必要な分だけ
両替したい!

両替は国内だけでなく、現地到着後に行ってもOK!現地での外貨両替先として考えられるスポットの情報を紹介します。

体験レポート

おすすめの外貨両替方法を試してみた

両替の際に気になるのは、レートや安全性。渡航準備の一環として、国内で事前両替するにはいくつかの方法が考えられますが、「どれを選べば良いのだろう?」と迷う人も多いのではないかと思います。そこで「同日に、異なる両替先で、同金額を両替する」という試みを行い、その結果をレポートすることにしました。

銀行で外貨両替してみた

両替先として信頼度が高い銀行ですが、手数料は比較的高め!?とのうわさも。本当のところはどうなのか、気になるところです。

大黒屋で外貨両替してみた

レートが安いと評判の金券ショップ。とは言え、信頼度はいまひとつの模様。その理由を探りに行ってきたので、参考にしてみてください。

外貨宅配サービスを利用してみた!

最近話題の外貨宅配サービス。申込や受取の詳細は意外に知られていません。手数料や配送料の有無など要チェックです!

外貨が必要になるシチュエーション

海外で現金を使う機会は意外と多い!

チップ

海外では、サービスを受けた際に感謝の意味を込めて「チップ」を渡す習慣があります。レストランやバー、ホテルなどでチップを渡す機会があった場合は現金が必要になるので、1ドル札、5ドル札、10ドル札はできるだけ持っておきましょう。チップを渡すことで、気持ち良くサービスを受けられるでしょう。

クレジットカードが使用できないお店

先進国のほとんどのお店ではクレジットカードが使用できますが、小さな街やお店ではまだまだ取り入れていないところも多いです。何時間も掛けて到着した街で、「これが欲しい」、「あれが食べたい」と思ったときに現金しか使えない、クレジットカードしか持っていないということが起こらないように気を付けましょう。現地で使える通過を調べる際は、クレジットカードも使えるかどうかを必ず確認しましょう。両方持っておけば、高級ショッピングモールでも穴場の小さなお店でも楽しく過ごせます。

交通手段の代金

海外での移動手段として路面電車やバス、地下鉄などの公共交通機関を利用するかと思います。国によっては、公共交通機関の支払いは現金のみの場合もあります。大都市のタクシーであればクレジットカードも利用できますが、それ以外の地域ではやはり「オンリー・キャッシュ」と言われる可能性があります。

飛行機の乗り継ぎ

飛行機の乗り継ぎ時も、現金のみでの支払いが多いです。また、海外は国土が広いため、国内でも飛行機で移動することがあります。乗りたい便がもう着いているのに、「お金を引き出しに行かないといけない」、「外貨両替しに行かないといけない」ということがないように予めしっかりと用意しておきましょう。

外貨両替のトラブルで被害にあわないための注意点

外貨両替にはトラブルがつきものです。平和な日本に住んでいるとなかなか考えられないことですが、海外に出るとあらゆる場所にトラブルが転がっています。とくに現地で外貨両替する場合、その場で支払う現金に困っていることを相手もわかっているため、詳細不明の手数料を取られたり、ぼったくりレートで両替する羽目になったりしてしまうでしょう。

外貨両替のトラブルに巻き込まれないよう、被害にあわないための注意点をご紹介します。

基本的には国内で必要な現金を両替してもっていくべき

大前提として、海外に行くときは現地で必要と考えられる現金を国内で両替しておきましょう。純粋にレートを比べた場合、現地で外貨両替をするのが一番お得です。しかし、海外の両替所はトラブルの発生率が高く、レートの変動もあります。外貨両替はぼったくりの対象になりやすいので、たとえ現地の空港や銀行であっても外貨両替をしないに越したことはありません。

「急いでいるから、現地についてから両替すればよいだろう」という油断や準備不足がトラブルを招きます。当日のスケジュールに余裕がないなら、事前に宅配サービスなどで両替しておくのがおすすめです。

国内外を問わず、少しでも怪しいと感じた両替所の利用は避けましょう。海外の場合、きちんとした両替商の許可を取っていない人が観光地の周りで両替をしているケースもあります。現地の人におすすめの両替所を聞いたところ、ぼったくりレートの両替所を紹介されてしまったというトラブルもあるのです。

儲けを謳う怪しげな両替所は利用しない

国内でも外貨両替に関するトラブルは起きています。消費者庁の注意喚起によると、シリアポンド等のマイナーな現地通貨の両替を勧誘され、円でシリアポンドを買ったところ、実際の為替レートより200倍も高いレートで両替されてしまったというトラブルもあったようです。

参考:『約200倍のレートで外国通貨の両替取引を行う「株式会社ノルディア」に関する注意喚起 』
消費者庁

今後現地通貨の価格が上がるように誤解させて勧誘を行い、いざ両替が終わると音信不通になったため消費者庁に相談が相次ぎました。外貨の値上がりを怪しむ人をだますために、一度営業をかけたあと別名義の事業者から「シリアポンドをもっていれば高値で買い取る」といった話を持ちかけさせるなど手口も周到です。本来なら1ドル100円のところを1ドル20,000円で両替させられたと考えれば、どれだけ損をしているかがわかるでしょう。

実は、こうしたマイナー通貨とその値上がりを利用した外貨両替のトラブルは、過去にも起きています。

参考:『イラク通貨(イラクディナール)の取引に要注意!
‐高齢者等をねらった新手の投資トラブル‐』
国民生活センター

共通するのは、「外貨両替をすれば儲かるように見せかける」という手口です。うますぎる話には裏があります。外貨両替はあくまでも海外で買い物等をするために行うサービスだと割り切って、外貨両替を利用した儲け話は信用しないようにしましょう。

事前に信頼できる現地の両替所を探しておく

長期間の海外滞在を考えている場合、どうしても現地で両替をする必要が出てきます。そういったケースに備えて、出発前に信頼できる現地の両替所を探しておきましょう。

信頼できる両替所がわかっていれば、ぼったくりのレートで外貨両替をする必要はありません。

日本円ではなくドルに外貨両替しておく

万が一のことを考えて、出発するとき現地通貨とはべつに日本円をもっていく人は多いです。ただ、もし旅行先がマイナーな通貨を使っている国ならば、日本円ではなくドルをもっていきましょう。現地の空港ならともかく、あまり日本人が来ないような国だと町中の両替所では円の両替ができないことも考えられます。たとえば、1,000円だけ外貨両替したいのに1万円しかもっていない場合、相手が日本円のお釣りをもっていなければ1万円を丸ごと両替しなければならないのです。

両替に困っているところを見せれば、必要もない手数料を上乗せされるリスクもあります。現地の外貨両替を利用するなら、流通量が多くどこの両替所でも扱いのあるドルをもっていくのがおすすめです。

免責事項
「外貨両替の知っ得情報NAVI」は、外貨両替についての情報をまとめたサイトです。
申し込みなどの際は、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在
▲ページトップ